ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デートに誘われたとき、男性をドキッとさせるLINEの返信テクニック

DATE:
  • ガジェット通信を≫


男性からLINEでデートに誘われたとき、どう返信していますか? このとき男性は、期待半分、断られる覚悟半分でドキドキして返信を待っています。
そこで、デートに弾みをつけるドキっとさせる返信ができれば、男性のやる気もグッとアップするのです。

「突然ですごくびっくりしました! でも、すごくうれしいです」

「突然でびっくり」という本音がアクセントになっています。誘われるとは思っていなかったけど、誘ってもらったことを素直によろこんでいる。
まさか自分に好意が向いているなんて思ってもなかった謙虚さと、誘ってもらってうれしいというとても前向きな姿勢が男性をドキっとさせます。

「当日、とても楽しみにしています!」

楽しみにしていると煽られると、男性は気合が入ります。この一言を受けて、デート場所をグレードアップさせることだってあります。
そして、なんだかその日につきあえる、もしくはそれ以上のことも…と期待と妄想を膨らませてしまうのです。

「でも、ちょっと緊張しますね(照れスタンプ)」

ごはんやデートに対して緊張を感じていることを素直に伝えましょう。緊張しているということが、もうすでにかわいいのです。そして、照れを隠すための絵文字やスタンプがなごませます。
ふたりで会っても緊張感がなく、女友だちのような態度をとってしまうと、誘った男性は、恋愛対象でなく友だちとして会われていると思います。
デート当日まで、男性にどんなモチベーションで過ごさせるかが重要です。
期待感を持たせつつ、あれこれシミュレーションさせることでどんどん自分のことを好きになってくれます。返信のしかたひとつで今後の関係も変わっていくでしょう。
young couple image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
パートナーと手をつなぐ。それだけでストレスフリーの睡眠がとれるみたい♡
モテそうなのに、男性が真っ先に恋愛対象から外す女性の特徴
意外と周りは気づかない!? 「スマ婚」が安いワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP