ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界初】自動で追いかけてくる「空飛ぶカメラ」が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空撮といえば今はドローンが最先端。とは言え、まだまだ身近な存在とは言えず、高価で操作が難しいイメージがある。
被写体を自動追尾する空飛ぶカメラ「Lily」に必要な操作は、簡単なんてもんじゃない。なんせ、本体を空中に投げるだけだ。難しい設定も必要なく、自動で飛行を開始し、20分間ほどHD動画の撮影を行うことができる。

野外アクティビティに最適

とくに、アウトドアスポーツやアクティビティでの撮影には期待できる。防水機能もあるし、被写体からの距離は1.75mから15mまで調整できるため、臨場感あふれる画も十分撮れる。追尾するスピードだって約40kmは出る。最大120fpsでの撮影が可能なためスーパースロー再生だって可能だ。

 

 

動画を見ればわかるように、「Lily」が追いかけているのはユーザーが携帯するリモコンだ。このリモコンで写真撮影の操作を行うこともでき、周囲の音を録音するマイクの役割も果たす。

コンパクトで持ち運びも簡単

サイズは26.1cm×26.1cm×8.18cm。重さは1.3kgほど。携帯性も悪くない。

気になるのは価格だが、日本から事前予約をする場合、送料含め529ドル(約63,000円)で購入することができる。2016年2月に発売開始後は、本体価格は999ドル(約12万円)になる予定。
比較するとほぼ半額。2015年6月15日までの期間限定予約のため、気になる場合は早めにチェックしておこう。

Licensed material used with permission by  Lily

関連記事リンク(外部サイト)

体内を巡る医療用ドローンが開発!「心臓発作」や「脳卒中」を予防可能
Facebookがドローンを使って、世界中にインターネット環境を配備!
ドローンで年間10億本の木を植える!元NASAのエンジニアによる緑地化プロジェクトの未来

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。