ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

駄菓子屋ゲーム博物館 アナログゲーム機100台超を収集展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 駄菓子屋の店先や店内に必ずあったメダルで遊ぶゲーム機。東京・板橋の商店街の一角、神社の向かいの「博物館」と銘打たれた板橋本町の「駄菓子屋ゲーム博物館」では、そんな懐かしのゲームで遊ぶことができる。『笑点』の人気者で下町を知り尽くす林家木久扇師匠(78)に、60台以上のアナログゲーム機がずらりと並ぶ「博物館」を案内してもらった。

「あちゃー、また失敗だ! シンプルだから、熱くなっちゃうよ(笑い)」(木久扇師匠)

 10円玉を弾いてゴールまで持っていく「新幹線ゲーム」がお気に入りだった師匠。あっという間に100円分が飲み込まれた。どのゲームも10~30円で楽しめ、客の多くは300円ほど使う。

「廃棄寸前の機械を拝み倒して貰ったりして、集め始めたのは小学4年生の時からです」(館長・岸昭仁氏)

 以来、集めたゲームは100台を超える。展示していないものは自宅や倉庫で保管。年代物なのでメンテナンスは毎日欠かせない。

「利益というより、文化的な価値があると思うので続けたいです」(岸氏)

 木久扇師匠も時間を忘れ夢中になり、「博打は嫌いなんですけどね。熱中する理由がわかってきたかも(笑い)」と語った。

■「駄菓子屋ゲーム博物館」:板橋区宮本町17-8/【営業時間】平日14~19時、土・日・祝10~19時/【入場料】200円(ゲームメダル10枚つき)/【定休日】火・水(祝日は営業)

撮影■江森康之

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
林家木久扇 スマートボール専門店で隣客に指南する腕前披露
林家木久扇 専門店で自分の指人形注文し『笑点』で使う予定
林家木久扇 変な儲け話を持ち込むため『笑点』の楽屋で孤立

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP