ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ママの憧れ」 永作博美がベストマザー賞授賞式で見せた笑顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第8回ベストマザー賞の授賞式が5月7日に開催され、各部門のベストマザーに選ばれた女優の永作博美(44才、芸能部門)、フリーアナウンサーの高島彩(36才、文化部門)、リンドバーグのボーカル・渡瀬マキ(46才、音楽部門)、カーリング選手の小笠原歩(36才、スポーツ部門)、育児漫画家・絵本作家の高野優(文芸部門)が出席した。

 日本マザーズ協会が主催するベストマザー賞は、ママたちの憧れや目標となる「ベストマザー」をママたちの投票によって決める賞。なお、この中でも永作博美は2010年に第一子、2013年に第二子を出産している。

撮影■小彼英一


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『八日目の蝉』「檀れいは清純、永作はボロボロでもリアル」
永作博美 育児と仕事で発生のストレスを大量の差し入れで発散
長谷川理恵 30.2万円おむつ入れマザーズバッグでブログ炎上

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP