ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大盤振る舞いの「トヨタ」から、元本保証の種類株登場?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

種類株とは、通常流通している普通株とは権利の内容が異なる株式

トヨタ自動車が種類株の発行を決めました。6月の定時株主総会での承認後、別途取締役会にて詳細を決定し、7月にも発行される予定です。種類株とは、通常流通している普通株とは権利の内容が異なる株式のことで、さまざまなタイプがあります。

2000年代以降、会社法や取引所規則の改正により、種類株式の多様化が進みました。例えば、「配当は高くしてもいいけど、経営には口を出してほしくない」と考えている会社は「議決権の制限をつけた高配当の株」を、「すぐに売らずに、長期間保有してほしい」と考えている会社は「譲渡制限付の株」というように、会社の状況に合わせた株を発行し、資金調達することができるのです。

購入した価格でトヨタが買い取ってくれる

今回は「全期間譲渡制限付・議決権あり・非上場」の株式で、5年間は譲渡・換金ができません。5年が経過した後は普通株式へ転換するか、発行価格でトヨタに買い取りを請求することができます。

「トヨタ」といえば「世界のトヨタ」として、昨年まで3年間、車販売台数世界一位を誇っており、先日の決算発表では、日本企業初の税引き後利益を2兆円台に乗せたと話題になりました。こうした状況から見ても、現実的に当面の倒産は考えにくいでしょう。そのため、トヨタの株価が値下がりしていたとしても、購入した価格でトヨタが買い取ってくれる、つまり「元本保証」と同等と考えることができるのです。

もちろん、配当もあります。初年度が0.5%と低く設定されていて、その後は毎年0.5%ずつアップし、5年目以降は2.5%となります。

トヨタの種類株の配当はかなり高い利率

同じく「5年」で「元本保証」というと、5年国債があります。ちなみに平成27年6月発行の個人向け固定5年国債の適用利率は0.08%となっており、比較すればトヨタの種類株の配当はかなり高い利率です。(国債は発行後1年すると換金が可能)

今後は、政権のコーポレートガバナンスの強化策として、グループ会社で相互の株式を持ち合えなくなる可能性が高まっています。トヨタとしては、5年間譲渡されない株は、グループ会社や株式持ち合いに代わって、中長期的に安定して株を保有する投資家を集められるため、大きなメリットとなるでしょう。(株式持ち合いとは、複数の株式会社がお互いの発行済株式を保有する状態で、バブル経済の崩壊後、企業の経営が圧迫された歴史があります)

今後、種類株発行を検討する企業が増えてくるかもしれない

なお、金融機関の中には「個人投資家を対象とした株を発行することで、企業にとって負担となる機関投資家などの『モノ言う株主』からの干渉を排除したいのではないか」と見ているところもあります。

今後は、5年間にわたってシリーズ化して発行する構想もあるそうで、トヨタの種類株が成果を上げれば、今後、種類株発行を検討する企業が増えてくるかもしれません。残念ながら、今回の種類株は「非上場株」でNISAでの購入はできませんが、投資先の一つとして検討してみる価値はありそうです。

(佐々木 茂樹/ファイナンシャルプランナー)

関連記事リンク(外部サイト)

保有株がTOB対象になったら…3つの選択肢
FPが実践する預金・投資信託・株式の使い分け
日銀サプライズ緩和による今後の株価予測

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP