ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【キャラビズム】蚊のように飛ぶドローン、何となく不気味!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
Le drone est en fait une machine qui peut voler comme un moustique dan le ciel d’une ville, sinistre!
ドローンとは町の空に蚊のように飛ぶ機械、何となく不気味!

Finalement, les brimades sont devenues tortures et assassinat!
とうとう苛めが拷問と殺人に!

Le droit de vote à18 ans, la responsabilité à18 ans!
選挙権は18歳、責任も18歳!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【キャラビズム】全自動運転、事故が起きた時は誰を告訴?
【キャラビズム】携帯電話はスマートになった、人間は?
【キャラビズム】高速道路地下化ならガス吐く煙突の森が出現

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP