ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MEGUMIと降谷建志 家族で渋谷のボルダリング楽しむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多くの人々でごった返す4月中旬の週末、東京・渋谷の大通りを1組の家族が仲睦まじく歩いていた。MEGUMI(33才)、降谷建志(36才)と6才になった長男だ。そんな仲良し一家が向かった先は、今話題のボルダリングスタジオだった。

 ボルダリングとは、フリークライミングの一種で、高さ数mほどの岩壁を専用シューズと手に付ける滑り止め(チョークパウダー)だけを使って登るスポーツである。

 向井理(33才)、岡田准一(34才)、瑛太(32才)、T.M.Revolution 西川貴教(44才)、小池栄子(34才)、大島優子(26才)など、芸能人にも趣味として挙げる人は多い。

「降谷さんは経験者だったみたいで、上級者レベルのコースもスイスイと登っていましたよ。

 一方のMEGUMIさんは、まだ始めたばかりのようで、帰るときには“もう腕がダメだぁ~”とか“ブルブル震えてる”なんて疲れ切っていましたね。でも、“これからは毎週通います!”なんて言ってましたから、ボルダリングにハマったんでしょうね」(居合わせた常連客)

 さらにわずか6才の長男もボルダリングに果敢に挑戦。

「息子さんはキッズ用の岩にチャレンジしていましたね。このキッズ用の教室では、インストラクターが簡単な英語を使って指導するので、英会話の勉強にもなるって人気なんですよ」(前出・常連客)

 ちなみにこのボルダリング、カップルや夫婦にとっては思わぬ効果があるという。

「ボルダリングってひとりだとかなり過酷なんですけど、パートナーと一緒であれば、お互いに“次は、そこの岩”とか声を掛け合ったり、励まし合ったりできます。最後には2人で頑張ったという達成感も共有できるので、カップルや夫婦はさらに仲よくなって帰るケースが多いですよ」(ボルダリングスタジオ関係者)

 この日、降谷に励まされながら頑張ったMEGUMIは充実した表情で店を後にしたという。夫婦円満の秘訣はボルダリングにあり!?

※女性セブン2015年5月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
62歳男性が趣味と関連して開業のジム 月平均60万円売上げる
綾瀬はるから『八重の桜』出演者 吉川晃司ライブ後朝まで飲む
体罰問題の網野高校レスリング部顧問「生徒が不真面目だった」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。