ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フラッシュメモリ向けのファイルシステム「F2FS」が暗号化をサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フラッシュメモリ向けのファイルシステム「F2FS(Flash-Friendly File-System)」がようやくファイルシステムの暗号化機能をサポートする模様です。F2FS は、Samsung が中心となって開発した SSD や eMMC、SD メモリなどの NAND 型フラッシュメモリに特化したファイルシステムで、Linux カーネル 3.8 でメインラインにマージされました。特に NAND フラッシュでのランダム書き込みにおいて他のファイルシステムよりも性能が優れていると評価されています。暗号化のサポートについては、Jaegeuk Kim 氏が今週末に投稿した複数のパッチの情報によって予想されていることで、F2FS は今後、正式に暗号化をサポートすると見られています。投稿されたパッチによると、F2FS の暗号化をサポートしているのは、ファイルそのもののほか、ファイル名、ファイル属性、シンボリックリンクの情報を含むファイルシステムとしての基本要素。F2FS は、Moto X などの一部の Android 端末でも採用されており、今後、これらの F2FS を採用した端末でも Android の端末暗号化機能を有効にできるようになると予想されます。Source : phoronix


(juggly.cn)記事関連リンク
Saygus V2の発送が開始された模様、予約者にメールが送信
Xperia Z3 Compact用 Kewers製ハイクオリティーバンパーケースに関するアンケートへのご協力のお願い
Microsoft、タイムラプス撮影を楽しめるAndroidアプリ「Microsoft Hyperlapse Mobile」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP