ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

控えめな人ほど、早死にする!心臓病やガンのリスクを上げる「感情」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。

では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか?そして、どんな感情に我々は注意すべきなのか?

控えめな人ほど早死にする

The New Zealand Herald」に掲載されたハーバード公衆衛生大学院とロチェスター大学で行われた調査では、平均年齢44歳の男女796人を対象にアンケートを行い、その後を追った。
結果、心臓病になるリスクは約37%、ガンのリスクは約70%も上昇。12年後には111人もの対象が心臓病とガンによって死亡したそうだ。

まとめると、感情表現が苦手な人々の死のリスクは、全体で約35%も高まり、押さえ込んでいる感情の種類にも、一定の傾向が見られたということだ。

「怒り」をためこむのが
最も危険

同調査によると、数ある感情のなかでも「怒り」をためこむのがもっとも危険だそう。さらに、間接的な要因として、気を紛らわせるための嗜好品(酒、タバコ、ジャンクフードなど)や、ストレスも同様にリスキーとしている。

ただし、我慢強い人ほど
回復力は高い

では、控えめで感情を表に出さない人は、ただただ病気のリスクをためこんでいくだけ?  もちろん、そんなことはない。物事には表裏がある。
デイリー・メール誌に掲載された調査結果によれば、忍耐力がある人、感情コントロールに長けていることから、特定の病気に対する回復力が高いことが報告されている。

感情を抑制しすぎるのはよくないが、その忍耐強さは回復力を生む・・・結局はバランスの問題といったところか。

Reference:The New Zealand Herald , Daily Mail , Harvard Chan

関連記事リンク(外部サイト)

【カップルの科学】お酒好き同士で付き合った方が、より幸せと判明
3Dプリンターで、ガンを死滅させる「ウィルス」が作れる!?(しかも1ドル)
育児ノイローゼのお母さんへ。あなたの子供が「第一次反抗期」である10のサイン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP