体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奇跡のコラボ『筋肉少女帯人間椅子』ナカジマノブ(Dr.)インタビュー「皆が集まると軽音部の部室そのもの」

ナカジマノブ

最新アルバムがオリコン10位にランクインし注目を集める筋肉少女帯と、25周年記念ベスト盤も好調な人間椅子。四半世紀を越えなお新鮮で斬新、長きに渡り独自の道を歩み続ける唯一無二な2バンドによるコラボレーションが実現! 『地獄のアロハ』が5月13日に発売となりました。

『地獄のアロハ』という、一度聴いたら忘れられないタイトルから繰り広げられるのは、人間椅子のおどろおどろしくも格好良いハードロックなサウンドと、筋肉少女帯の唯一無二な世界観が見事に融合した奇跡の一曲。二度と見られない!? 2組のアロハシャツ姿も話題です。

今回は人間椅子のナカジマノブさんに、コラボのきっかけから、どの様にして楽曲作りを進めたのか、など色々とお話を伺ってきました。

筋肉少女帯人間椅子

―人間椅子と筋肉少女帯、この2つのバンドがコラボをするという事は驚きであり、「待ってました!」というファンの方の声も聞こえる素晴らしい企画だと思います。まず、どの様なきっかけで話がスタートしたんですか?

ナカジマノブ:筋少の内田さんと、和嶋君と僕と、「アンジー」の水戸さんと、不定期だけどバンドをやっていて、少し前ですがそのリハーサルのときなんかに、「同じくらいの年齢の皆で、ライブや楽曲作りが出来たら楽しいね」という話が出たことがあったんですね。だから僕はコラボしたいなという気持ちはずっと持ってました。その後、ありがたい事に今回は筋少の方から「人間椅子と何かやりたい」という話が盛り上がっていると聞いて、それはとても嬉しかったですね。でも、現実的にどうやって実現するの? って。ギターが3人にベースが2人、どうやってまとめるんだろうと思いましたね。そんなまだ具体的な事が決まっていな状態の時に「渋谷公会堂おさえました」とスタッフに言われて、ええっ!?って(笑)。

―ライブの日程と場所だけは先に決まってしまったと!

ナカジマノブ:そうそう。それで、人間椅子と筋少はこれまでも一緒のライブをやった事もあったし、出来る曲はある。後はロックのスタンダードをやるとか、CDにしたって、お互いの曲を持ち寄って、一曲ずつ入れ替えて演奏するとか、色々と方法はあるなって思ったんだけど、内田さんと和嶋君が代表で連絡取り合ってくれて「2組で新曲を作ろう」と決まったんだよね。

―お互いとても個性的なバンドですから、楽曲の方向性を決めるのもひと苦労だったのでは無いかと思うのですがいかがですか?

ナカジマノブ:人間椅子の曲の作り方と筋少の作り方は違うだろうから、どうなるんだろうとは思いましたね。人間椅子は曲作りのとき、だいたいは、3人お互いにリフ(1~2小節の短いフレーズ)を持ち寄って「これいいね」とか「ここは最後に使おう」とかアイデアを出したりしながら、楽器を触りながら曲を作っていきます。俺もリフを作って持っていくんだけど、すぐに俺のリフが採用される確立は低いですね(笑)。

それから、スタジオをおさえて、皆で集まって色々話して。人間椅子と筋少がキャンプファイヤーみたいに丸くなっている光景はハタから見るとすごいと思うな(笑)。それで、持ち寄ったリフだったり、ほぼ出来上がっている曲のデモを聴きながら和嶋くんがメモをしていって。この時、和嶋君の頭の中では一曲出来上がってたみたいです。本城さんの音はキメのところ、研ちゃん(人間椅子・鈴木研一)のメロディは次の展開への渡しとか。

―その場で組み合わせながら、一曲作っていったと。

ナカジマノブ:そう、すごいよね。そこから和嶋君がまとめ役になってどんどん進んでいったね。筋少のメンバーが作ってきてくれた音が人間椅子っぽくて、それも嬉しかったな。人間椅子のイメージって“シャッフル”なんだなと。実はシャッフルの曲ってそんなには無いんだけど、改めて実感した。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会