ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石川遼の父「将来帰ってくるなら広島・黒田のような形が最高」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米ツアー3年目を迎えた石川遼は苦戦の日々が続いている。ザ・プレーヤーズ選手権(5月7~10日)の出場を決めたものの、ランキングはシード権圏外の143位(5月5日現在)。

 結果がすべての実力の世界。もしシード権を失った場合、日本に帰ってくることも選択肢にあるのだろうか。

「日本に帰ってくれば優勝できるだけの実力がある」という見方をするツアー関係者は少なくない。実際、一時帰国した昨年7月の『セガサミーカップ』ではプレーオフを制して通算11勝目を挙げている。

 かつて帯同コーチとして“過保護”と批判されながらも寄り添ってきた父・勝美氏が語る。

「思うような成績が残せず、最後の1試合で優勝するしかない状況でも、遼は米国でチャレンジするでしょう。ダメなら入れ替え戦、さらにウェブドットコムツアー(下部ツアー)にも出る覚悟だと思います。

 米ツアーで1勝する力があれば、日本で10勝できるというような甘いものではない。遼が日本ならすぐに勝てるかといえば、決してそういうわけではないと思います。今は米ツアーのシード(フェデックスカップポイントランキング125位以内)を維持することしか頭にありません。

 将来的に日本に帰ってくることになったとしたら、その時はプロ野球の黒田(博樹)投手(広島)のような形で帰って来られたら最高ですね。米国で結果を残しつつ、あと2~3年はトップとして戦える状態で帰ってくる。それが日本ツアーへの恩返しだと遼も私も思っています」

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
“恋しなきゃ”な宮里藍 不動裕理と福嶋晃子婚約に「素敵」
松阪牛&松茸&伊勢海老食べ放題バスツアー 7980-9680円
日帰りツアーで町おこし 埼玉では「山ガールツアー」が人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP