ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歌ネタ芸人タブレット純 クマムシCDデビューに「ジェラシー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 算数の問題集を低音の美しい声で朗読し、「そんなことより気になるのは…」と、問題の不条理さをムード歌謡調のメロディーに乗せて訴える芸風が話題のタブレット純(40才)。かつて、「和田弘とマヒナスターズ」のボーカルとして活動していたこともある異色の経歴を持つ。そんな彼に、お笑いのネタ作りや、今でも続けているアルバイトなどについて聞いた。

――芸人にスカウトされたのが2011年。『歌ネタ王決定戦2013』(MBS)で知名度が上がりましたよね。芸人として名前が上がるのは早かったですよね。

タブレット:歌ネタ王によって、テレビやメディアに出る回数がかなり増えまして。今年の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)出演も後押しされて、自分でも記憶がないくらい毎日仕事をいただいている状態になってきた。やっと芸人だと言っていいのかな、ぐらいの気持ちになれているんですけど。

――ネタはどうやって作っていますか?

タブレット:ひとりで飲んだりしている時に浮かんだりとか。マネジャーと飲むことが多いんですけど、誰も思わなかったふとした疑問を提案されて、それは面白いなとか。算数のネタも、自分は算数が苦手なこともあって、なんでこんなことを答えなきゃいけないんだってずっと思っていたので。それで教科書を見返したら、なんじゃこりゃと笑えたので(笑い)。

――教科書を投げ捨てるとか、演出もすぐに決まった?

タブレット:見せ方は悩んでしばらくやっていなかったんですけど、かなりネタに行き詰った時があって。事務所ライブだったんですけど、どうしようって感じで、やっちゃうしかないと思って。ぶっつけ本番、やってみたら、今までで一番くらいにウケて。ちょうどその時期に歌ネタ王があったので、すぐに決勝にいってしまって。

――それが2014年なんですね。

タブレット:そうです。それからはめくるめくというか。あんなに苦手だった算数に救われた。こんなふうに役立つとは夢にも思わなかったんですけど。

――あのネタはバージョンを増やしていく?

タブレット:「そんな事より気になるのは…」というフレーズがある程度浸透したので、算数ではないもので、本筋ではないところに目が行く、というネタを広げていこうと思っています。理想なのは、世の中がそこに向かって考えていることを、いやそれより気になるのは、と言えると嬉しいんですけど。風刺が効いているようなものとか。なんでこんなことしなきゃいけないのかってことを考え中です。

――ライブハウスの頃はバイトに明け暮れていたとおっしゃっていましたけど、さすがにもう辞めていますよね。

タブレット:いえ、バイトは続けています。マヒナスターズの頃からずっと介護の仕事をしていて、今も週2回在宅訪問介護をしているんです。病院にお連れしたり、買い物をしたり、料理をしたり。“テレビ出てたね”とか言われると、認識されたんだなって嬉しく思います。

――収入は増えたのに、辞める気はないんですか?

タブレット:仕事量が去年の3、4倍くらいになったので、収入もそれくらいになっていますけど、辞めるつもりはないんです。介護の仕事が好きだというのもあるんですけど、お年寄りって、担当者が変わるのを嫌うんですね。だから自分がいないと事務所まで来ちゃうそうで、「今日は来るの?」とか。長いと4、5年担当している方もいるんです。今担当しているメインの方が2人いて、80代のおじいさんと90代のおばあさん。この仕事が向いているのかなと思ったりもしますし。上司からは接し方がうまいと言われます。

――この人に出会って変わった、影響を受けたという芸能人は?

タブレット:大竹まことさんですね。ふと諭してくださったり。たとえば、誰かに嫌われたり干されたりしても、面白ければ、人間的に魅力があれば絶対に拾う人がいるからって話されていたことがあって。そういうのって深いなと思いましたし、捨て鉢な美学というか。そのくらいの感覚がないと、守りだけでは面白がられることもないだろうって。

――歌ネタ系の芸人さんで、ライバル視されている方は?

タブレット:ライバルという方はいないんですけど。歌ネタでは、どぶろっくさんはブレイクする前から浅草で一緒になったり、『あらびき団』(TBS系)に出ている頃から面白いと思っていて。センスもあるし、それが開花されて、マニアックなところでお笑いをしているのにメジャーにいかれているので、尊敬しています。芸風を崩していないので。

――クマムシさんがCDデビューされましたが、いかがですか?

タブレット:CDを出してすごく売れたということに関しては、ジェラシーを感じますね。歌のジャンルは違ったりするのですが。

―― 一発屋になる心配はしていますか?

タブレット:ないんじゃないかと思っているんですけど。今の露出もバッとオファーが来るわけではないですし。先を考えると、謎というか、そういう面があって、自分自身の引き出しを持ったほうがいいと思っています。

【タブレット純】
1974年8月31日生まれ。神奈川県出身。2002年、ムード歌謡の老舗グループ、和田弘とマヒナスターズに田渕純の名でボーカル加入。以後2年間、和田弘が亡くなるまで同グループで活動した。グループ解散後、ライブハウス出演などを経て、寄席・お笑いライブに進出。ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立した。『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)レギュラーなどで活躍中。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
iPad以上!と噂のWindowsの新タブレット「Surface」の秘密
【キャラビズム】本には紙の匂い、タブレットには匂いがない
米大手三つ巴のタブレット端末 日本メーカーどう対応するか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP