ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンコクに北朝鮮レストラン再オープン! 喜び組のショーも毎日開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北朝鮮は、世界各国に国営の北朝鮮レストランを営業しています。アジアでは北京、シェムリアップ、バンコクにありましたが、バンコク店は数年前に閉店してしまいました。

しかし熱い要望があったのか、2015年春からバンコク店の営業再開! 場所も移転し、日本人が多くいる地域で、本格的な北朝鮮料理が楽しめるようになりました。

・現在は賑やかレストラン
かつてバンコクの北朝鮮レストランは、高級感やスタッフの質が、北京店よりランクが下だといわれていました。今回、取材で店舗を訪れてみると、新しいビルに、新しい内装、そして清潔感のある店舗になっていました。

しかしながら、まだ完全なオープンはしておらず、北朝鮮からやってきた夫婦とちびっ子が一人という構成で店を切り盛り。華やかな喜び組のようなスタッフは誰もいません。ですが、5月には北朝鮮から多数のスタッフがやってくると話していたので、現在は賑やかレストランになっていると思われます。ショーは毎日開催するそうです。

・平壌冷麺は食べるべし!!
北朝鮮レストランで経験として絶対に食べてほしいのが、平壌冷麺です。本場の味ではありますが、実際に北朝鮮に出向いた記者2名によると「ちょっと味が違う。北朝鮮で食べたほうが美味しかった」とのこと。

日本の冷麺と違って、驚くほど麺が細い。スープはあっさりとしていて、調味料の味というより素材の味を強く感じます。クセがないからスルスルと食べられるのが嬉しいですね。

・純粋に白菜と香辛料の味
しかしキムチの美味しさは日本以上! ピリッとしていながら、爽やかで、甘ったるくなく、余計なダシもなく、純粋に白菜と香辛料の味だけで構成されたものでした。ヤミツキになる美味しさですよ!!

・美味しかった料理ランキング
1位 キムチ 200バーツ
2位 水キムチ
3位 ユッケ 250バーツ
4位 平壌冷麺 300バーツ
5位 チヂミ 180バーツ

・喜び組のショーの料金込み!?
どの料理も割高で、バンコクにおける和食よりも1.5倍ほど高額に感じました。もしかすると、喜び組のショーの料金を含んだ価格なのかもしれません。また別の記事で、料理に関して細かくお伝えしたいと思います。

PYONGYANG A RI RANG Restaurant(平壌アリランレストラン)
住所: 83 Sukhumvit Khlong Tan, Khlong Toei Bangkok
時間: 18:00~23:00
休日: 無休(要確認)
1/3 Soi Sukhumvit 26, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha NakhonGoogle Mapで開く

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ ttp://photrip-guide.com/2015/05/15/pyongyang-a-ri-rang-restaurant/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP