体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性必見!食べたい気持ちをグッとを抑える「6つのメソッド」

150403_overeatinggluttony

ストレス過多の現代人は、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」が曇ってしまいがち。例えば、本当はビタミンが足りないだけなのに、「何でもいいから食べたい!」というサインを出し続けてしまったり・・・。

そこで実践したいのが「食欲コントロール」。ここでは、たくさん食べたい気持ちを抑える、簡単かつ具体的な方法を紹介していきましょう!

01.
箸置きとランチョンマットで
「食べること」を意識する

control for appetite

食事前に大切なのが意識的になること。「今から栄養素を摂ります」という心構えを持ち、きちんと気持ちを整えてから食べ始めることが食欲コントロールの第一歩となります。
例えば、食卓には箸置きとランチョンマットを揃えて、外食時も料理が運ばれてくるなり、いきなり食べ始めるのではなく、お手拭きを使い、飲み物で喉を潤す。その儀式が、いわゆる“ドカ食い”の予防につながります。

02.
賞味期限ギリギリはNG
安さに踊らされない

食品は基本的にフレッシュな状態がもっともおいしく、栄養価も高いというのが定石。安さだけに惹かれて購入することは、無駄に量を食べてしまうことにつながります。なによりも、栄養価的にも、費用対効果を考えても割に合いません!

03.
我慢する必要はないけれど・・・
「甘いものは2割」の法則

control fir appetite

誰だってたまには甘いケーキや口当たりのよいお菓子を食べたくなります。それはいわば心を満たす“心貯金”。自分へのご褒美としてカウントすればOK。ただし、正しくバランスを考えた食事である“体貯金”との割合をきちんと計りましょう。
具体的には「体貯金:心貯金=8:2」に。つまり、甘いものは2割程度に留めること。
何よりいけないのは「食べてはいけない」とガマンしすぎて、ストレスを溜めてしまうことですよ!

04.
食欲を抑制する意外な秘策
野菜の切り方!?

control for appetite

野菜は丁寧に、切り方をきちんと揃えましょう!
理由はふたつ。ひとつは、野菜を切るという細かい作業に集中することで、怒濤のように押し寄せる食欲を一旦鎮めて、紛らわせる効果が狙いです。もうひとつは、自分が食べるものを丁寧に扱うことで「自分の体をケアしている」という満足感を得ることができるからです。

05.
食べ物を見つめて
量と内容を再確認!

いざ、食事の前。一度、テーブルに並んだメニューをじっくりと見つめてみましょう。すると、「これだけの量を食べるんだ」という意識で食べ始めることができて、満腹感を得やすくなります。
簡単な方法ですが、これは効果てきめん。食べた量や内容を意識しないと、結果的に偏ったものを食べ続けてしまい、間違った食欲が定着する恐れがあります。

06.
他人から見て、どうなの?
食事の写真をSNSヘアップ!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。