ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【週刊!?ジブリグッズコレクション】#15 現存数の少ない『On Your Mark』のPHS

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チャゲ&飛鳥のPVとして制作されたアニメ『On Your Mark』。
当初はそれだけの予定でしたが、『耳をすませば』(1995年)の公開時に急遽二本立ての同時上映となり、一部のファンだけではなく一般層に対しても知られることとなりました。

【関連:#14 ジブリ美術館ペーパークラフト】

PVという性質上、台詞の無い作品ではありますが、歌詞からストーリーを想像する楽しさ、言葉ではなく演出から読み取る物語の奥の深さが他のジブリ作品とは異なり、後のジブリ美術館の短編映画作品群にある無声映画に通ずるところもあるのではないでしょうか。
6分40秒という短時間に1970・1980年代に代表される宮崎アニメの魅力をこれでもかというくらい詰め込んだ本作。
そんなジブリ作品の中では異彩を放つ本作ですが、最近ではBD化も無事にされて(笑)一般的な知名度が更に上がってきたのですが、公開当時はやはり『耳をすませば』の方が圧倒的に一般的な知名度が高かったことや、PVとして制作されたということもあってか、グッズに関しては非常に少なく、現在に至っても数えるほどしかありません。

今回もその少ない中からOn Your MarkのPHSをご紹介。

このPHSは、本作のビデオ&LD化の発売記念キャンペーンとして1000名にプレゼントされたもので、機種は京セラ製のPS-601になります。

昨今のエヴァ携帯などにみられるような作品独自の仕様は特にはないのですが、ラフ原画は宮崎駿、クリーンアップを作監の安藤雅司が描いているオリジナル・イラストがプリントされております。
当時1000名にプレゼントだったこのグッズもPHSというその性質上故なのか、現存するものは非常に少ないです。

やはりこの手のものは仮に使用してもプリント部分はまずハゲてきてしまうので、廃棄してしまうことも多々あるかと思います。現存数が少ないのはそういう事も一因になっているのかもしれませんね。

それではまた次回をお楽しみに。

(文:非売品ジブリグッズ収集家 くろすけ/@kurosuke4313

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP