体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ICTはただ導入すればいいものではない! ITコンサルタントの提言

ICTはただ導入すればいいものではない! ITコンサルタントの提言

 今や、ビジネスの現場でなくてはならない「IT」。かつて、パソコンのソフトウェアやメールが登場したことにより、仕事のやり方は劇的に変化した。今、スマホやタブレット、クラウド、SNSなどの登場により、激変の第2幕が始まっている。
 しかし、多くの中小企業が、次々と登場するIT技術に戸惑っていたり、乗り遅れると不安に感じていたりする。また、最新版が頻繁に更新されていくIT技術に、うんざりしている中小企業も多いだろう。

 そんな悩める中小企業経営者向けに書かれたIT活用の指南書が『業績をあげるとっておきのICT活用術』(セルバ出版/刊)だ。本書はベテランITコンサルタントであり、現役の経営者でもある五島一輝さんが執筆した一冊で、どのような問題が起こり得るか、どのように活用していけばいいのかが説明されている。
 今回、新刊JPはそんな五島さんにインタビューを行った。その後編をお伝えする。
(新刊JP編集部)

■中小企業の経営者が知っておくべき、ICTとの付き合い方

――ICTに疎いからといって、パソコンなど機器周りや、クラウドなどのサービス選定のことを社員に任せきりになると失敗しやすいというお話は、ICT導入を外注する際も同様のことが起こりそうですね。

五島:そのとおり。プロの業者に外注するケースでも、残念ながらよく起こります。社員任せでも外注でも、失敗するときは共通して見られる傾向があって、それは導入することがゴールになってしまっているという点ですね。導入は本来スタートなのです。
ですが、真剣に取り組めば、導入には大きなエネルギーが必要になります。そうなると、本書で言っている「自発的変身」という、ICT環境の変化に自在に適応するという発想までは気が回らなくなる。最も、そうでなくてもこの発想はおきざりにされやすい。どちらにせよ、この発想がなかったことを悔やむときがいずれやって来ます。

――ICTの世界は非常に変化が速く、すぐにバージョンアップしますし、新しいソフトウェアも出てきます。中小企業からしてみれば追いつくのも大変というような感じだと思うのですね。そんなとき、企業側はどこまで対応していけばいいのでしょうか。

五島:ICTの場合、単独で利益を上げる効果を期待するのはナンセンスです。ICTは常に人とセットです。使う人次第で効果は変わるし、使っていくことで気付く知見を積み上げられれば、効果はどんどん高まっていきます。
そういう意味では、従来の設備投資と同じ発想から離れる必要があります。導入した後でICTの効果をどう高めていくかということに意識を傾けるのが妥当です。
バージョンアップについては、必ずしないといけないわけではありません。自分たちがどういうことをしたいかというのが起点になって導入を進め、使っていく中で気付いた改善点について検討する。そして、もし改善点を取りこむならば、バージョンアップをしましょう。こういった発想が大事で、その発想に対応できるICTであることも、同じように大事なのです。

――「従来型の設備投資の考え方」とは?

五島:例えば、3000万円の機械であれば1分間に30個造れますが、6000万円の機械であれば、1分間に100個造れます。受注見込みなどを踏まえ、どちらの機械を導入しますか?という類の考え方です。この考え方は、ICT導入にはそのままでは当てはまりません。
使いこなす人の習熟度や工夫、顧客や取引先への影響などが複雑に絡み合い、通常、効果測定は極めて困難です。その割には当てにならず、徒労に終わります。もっと他のことにエネルギー費やす方が賢明です。
パッケージソフトのように、改善ができない、あるいは改善できたとしても現実的ではないようなICTを利用する場合、使い捨てなんだと割り切った方がいいかもしれません。
5年使うつもりで購入しても、3年でバージョンアップしないと使い続けられなくなったというときは、そこで使い捨てる可能性もあり得ると、始めから想定しおくのです。ICTの技術革新や環境変化は将来予測が難しいので、導入時に完全に計算することはできません。

――なるほど。

五島:だから、はじめの段階でこれは使い捨てるものなのか、「継続的改善」をしながら使い続けていくものなのか、しっかりと決めた上で導入すべきだというのが、私の持論です。そうしないと、先のようなケースで、思いもよらぬ大きな出費を強いられたり、判断を誤ったりしてしまいます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy