ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペースシャワーTV、ロックの日(6月9日)を記念してロック番組を1ヶ月間大放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペースシャワーTVでは、ロックの日(6月9日)を記念して、6月は1か月にわたりロック番組を大放送する。

豪華ミュージシャンの素顔に迫るオフショット満載の密着番組や、 独占インタビューやライブ映像など、スペースシャワーでしか見れない特別番組の数々に期待して放送を待っていよう。

また、豪華プレゼントが当たるオリジナルキャンペーンも実施予定。キャンペーンの全貌は6月9日発表、お見逃しなく。

————
「RADWIMPS野田洋次郎初主演作 映画「トイレのピエタ」公開記念 SPECIAL」
RADWIMPSの野田洋次郎主演の話題作「トイレのピエタ」公開記念 スペシャル番組!

漫画の神様・手塚治虫が死の縁まで綴っていた日記。 その最後のページに残されていたアイディアにインスパイアされ、 人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎を主演、 1年に渡るオーディションの末に抜擢された杉咲花をヒロインに迎え、 脚本・監督松永大司により制作された話題作、 映画「トイレのピエタ」。 6月6日(土)全国ロードショーとなる今作の公開を記念した特別番組をお届けします! 【出演】野田洋次郎 他

<初回放送>6/5(金) 23:00~23:30(リピート放送:6/10(水) 24:00~、 6/18(木) 21:30~)
※5/20、 「スペシャエリア」へのゲスト出演も決定! http://sstv.jp/area

————
「LUNA SEA LIVE SELECTION」
バンド結成25周年というアニバーサリーイヤーを迎えているLUNA SEAのライブ映像をオンエア!

デビュー以来、 日本を代表するロックバンドの地位に君臨するLUNA SEAが今年でバンド結成25周年という、 記念すべき年を迎えた。 そしてこのアニバーサリーイヤーの最終章となる史上最狂のロックフェス「LUNATIC FEST.」が、 LUNA SEA主宰で6月27日(土)、 28日(日)に幕張メッセで2Days開催される。 これを記念してお届けする、 LUNA SEAのライブ映像の数々! 【出演】 LUNA SEA

<初回放送>6/8(月) 20:00~21:00(リピート放送:6/13(土) 19:00~、 6/24(水) 20:00~)

————
「ロックンロールが降ってきた日─チバユウスケ─」
チバユウスケが衝撃を受けたロックンロールを紐解く!

2012年に発売された書籍「ロックンロールが降ってきた日」。 ミュージシャンがロックンロールに出会い、 人生を変えていく様子や音楽に楽器にのめり込んでいく過程を取材し、 忘れ去られようとしている「音楽の深さ」や「尊さ」「楽しさ」「音楽を聴くことの素晴らしさ」等を収録した本作が昨年12月に番組化!第2弾はゲストにThe Birthdayのチバユウスケを迎え、 音楽を熱く語ります。 お楽しみに!【ゲスト】チバユウスケ【MC】 大谷ノブ彦(ダイノジ)

<初回放送>6/12(金) 23:00~24:00(リピート放送:6/20(土) 27:00~、 7月予定)

————
「V.I.P. ―[Alexandros]―」
今後の更なる飛躍に期待が高まる[Alexandros]に迫る特別番組!

耳に残る甘く美しいメロディと攻撃的且つパワフルなバンドサウンドのロックナンバーで、 若年層のファンを中心に絶大な人気を誇る[Alexandros]。 2010年のデビューより数々のイベントやフェスに参加し、 多くのファンを魅了してきた彼らだが、 今年も「FUJI ROCK FESTIVAL‘15」、 「MONSTER baSH 2015」、 「京都大作戦2015」等の大型夏フェスへの出演が決定し、 さらなる注目が集まる一方、 6月17日(水)には、 インディーズ時代のシングル「Run Away/Oblivion」「Adventure/Droshky!」やメジャー後にリリースされた大ヒットシングル「ワタリドリ/Dracula La」を収録した、 待望の5thフルアルバム「ALXD」のリリースが決定!さらに7月には2度目の日本武道館公演、 そして秋にはツアーの開催も決定。 今回はアルバムのレコーディング映像なども紹介しつつ、 今後の更なる飛躍に期待が高まる[Alexandros]の魅力に迫ります。 お見逃しなく!(番組の更なる詳細は、 追って解禁予定)。 【出演】 [Alexandros]

<初回放送>6/13(土) 20:00~21:00(リピート放送:6/22(月) 21:00~、 7月予定)

————
「the HIATUS LIVE SELECTION」
the HIATUSの貴重なライブ映像をオンエア!

6/24に武道館公演「Closing Night – Keeper Of The Flame Tour 2014-」のDVDをリリースするthe HIATUS。 こちらを記念して、 the HIATUSの、 熱気と興奮に包まれた貴重なライブ映像を30分にわたりお届けします。 【出演】the HIATUS

<初回放送>6/18(木) 21:00~21:30(リピート放送: 6/27(土) 21:30~、 7月予定)

————
「PREMIUM INTERVIEW ―降谷建志―」
ソロプロジェクトを展開し、 今後の活動に期待が高まる降谷建志に迫る特別インタビュー!

1997年のリリース以来、 Dragon Ashのフロントマンとしてロックシーンの最前線で活躍し続ける一方、 様々なアーティストのプロデュースや客演参加など精力的な活動を重ねてきた降谷建志。 そして2015年、 Dragon Ashの活動と並行する形で、 自身初のソロプロジェクトをスタートさせた。 ライフワークとして音楽制作を行う彼は「“Everything Becomes TheMusic” ‐すべては音楽になる‐」をテーマに、 ソロ作品では作詞、 作曲はもちろんのこと、 全ての楽器演奏も担当。 自身のLIFE MUSICたる音楽をまっすぐに奏でる。 ソロ活動のサプライズ発表と同時に第1弾音源「Swallow Dive」を即日配信、 そしてついにソロアルバムの完成を発表し同時に、 パッケージ第1弾シングル「Stairway」を2015年5月20日(水)にリリースすることが決定。 ソロ活動に至る経緯や、 待望の1stアルバムについてなど、 今後の活動に期待が高まる降谷建志に迫る特別インタビューをお届けします。 【出演】降谷建志

<初回放送>6/19(金) 20:00~20:30(リピート放送:6/28(日) 23:00~、 7月予定)

————
「スペースシャワー列伝15周年記念公演第126巻 ~光彩陸離(こうさいりくり)の宴~」
「スペースシャワー列伝」15周年アニバーサリーイヤーのスタートとなる公演の模様をお届け!

「ライブハウスを中心に活躍するインディーズアーティストや、 ビデオクリップのないアーティストを、 ライブを通してその魅力を全国の視聴者に伝える」というコンセプトの元、 2001年よりスタートしたスペースシャワーTV主催イベント「スペースシャワー列伝」。 今では新人アーティストの登竜門と言われるまでになった本イベントだが、 2014年には初回開催から14年目にして100巻開催を迎えた。 今年で15年目という節目の年に突入し、 増々パワーアップしている「スペースシャワー列伝」。 今回は5月13日(水)にShibuya WWWにて開催の「スペースシャワー列伝15周年記念公演 第126巻 ~光彩陸離(こうさいりくり)の宴~」の模様をお届け。 アニバーサリーイヤーのスタートとなる本公演は、 赤色のグリッター / ドラマチックアラスカ / Mrs. GREEN APPLE / LAMP IN TERRENなど、 類い希なる表現力と歌の強さを併せ持ち、 まばゆいばかりに輝くアーティスト達が登場します!乞うご期待!【出演】赤色のグリッター、 ドラマチックアラスカ、 Mrs. GREEN APPLE 、 LAMP IN TERREN

<初回放送>6/19(金) 24:00~25:00(リピート放送: 7月予定)

————
「KANA-BOON 日本武道館公演 LIVE DIGEST SPECIAL」
KANA-BOON初の日本武道館単独公演の映像を交えたスペシャルプログラムをお届け!

谷口鮪(Vo./Gt.)、 古賀隼斗 (Gt.)、 飯田祐馬(Ba.)、 小泉貴裕(Dr.)の大阪・堺出身4人組ロックバンド、 KANA-BOON。 彼らが紡ぎ出す才気溢れるメロディと瑞々しい言葉は、 人々にストレートに響いて胸を揺さぶる。 圧倒的なコミュニケーション能力で駆け抜けるライブパフォーマンスにも定評があり、 若い世代のオーディエンスを中心に熱い支持を得ている。 2月に開催されたツアー「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 ~クアトロだってばよ!編~」に続き、 3月には「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 ~夢のアリーナ編~」が開催され、 3月31日(火)には初の日本武道館単独公演を敢行。 その模様はスペースシャワーTVのスマートフォンアプリ「スペシャアプリ」にて生配信され、 熱い注目を集めた。 今回はその武道館でのライブ映像を交えた特別番組をお届け。 シーンを牽引する大きな役割を担い始めた彼らから目が離せない!

<初回放送>6/23(火) 21:00~21:30(リピート放送: 7月予定)

————
「BIG AUDIO DYNAMITE」
ベーシストやドラマーに注目!日本屈指のプレイヤーの素顔に迫る第3弾

ギターリスト、 ベーシスト、 ドラマー、 そしてヴォーカル。 普段バンド単位で見ることはあっても、 個々を一人のミュージシャンとして見る機会は実に少ない。 そんな中、 ここ最近の日本のミュージシャンの演奏力のレベルは非常に高く、 リズム=ビートだけでも一つの作品として完成度の高いものを作り出すようになった。 この番組では、 ベースやドラム等のリズム隊に注目。 日本屈指のプレイヤーをゲストに、 個人の持つ想いや音楽観等をMCとのトークで紐解き、 テクニックを余すことなく披露してもらう。 今回はZAZEN BOYSのベーシストである吉田一郎をゲストに迎えてお届け!普段、 他では決して見ることのない彼の姿をお見せする30分をお送りします。
【MC】 ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)【ゲスト】 吉田一郎(ZAZEN BOYS)

<初回放送>6/24(水) 24:00~24:30(リピート放送:7月予定)

————
「SPACE SHOWER Presents SPRING BREEZE」
きのこ帝国、 cero、 トクマルシューゴが初夏の野音で共演!

スペースシャワーTVが主催するライブイベント「SPACE SHOWER Presents SPRING BREEZE」が、 5月24日に東京・日比谷野外大音楽堂にて開催される。 このライブにはきのこ帝国、 cero、 トクマルシューゴの3組が出演。 きのこ帝国が日比谷野音でライブを行うのは今回が初めてで、 ceroは昨年開催された「MELOBARHY FES. 2014」以来1年ぶり、 トクマルシューゴは2010年のスペシャ主催イベント「SOUND GARDEN」以来5年ぶりの野音ライブとなる。 オープニングアクトにはYogeeNew Wavesも出演。 こちらのライブの模様を60分たっぷりオンエアします。 【出演】きのこ帝国、 cero、 トクマルシューゴ、 Yogee New Waves

<初回放送>6/26(金) 24:00~25:00(リピート放送: 7月予定)

————
「ゲスの極み乙女。 LIVE SPECIAL~全国ワンマンツアー 「私以外ゲスじゃないの」~」
飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける、 ゲスの極み乙女。 のワンマンツアーの模様をオンエア!

川谷絵音(VoGt)、 休日課長(Ba)、 ちゃんMARI(Key)、 ほな・いこか(Dr) による男女混合4人組バンド、 ゲスの極み乙女。 その高い演奏技術を駆使した曲展開に、 全てを飲み込んでしまう声、 プログレ、 ヒップホップを基調とした独自のポップメロディで高い評価を得る彼ら。 5月からは「ゲスの極み乙女。 全国ワンマンツアー「私以外ゲスじゃないの」」を開催中。 そんな彼らの貴重なライブをスペースシャワーTVでオンエアすることが決定!飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける、 ゲスの極み乙女。 のライブ映像をお楽しみに! 【出演】ゲスの極み乙女。

<初回放送>6/27(土) 20:00~21:00(リピート放送:6/30(火) 25:00~、 7月予定)

————
「矢沢永吉 MUSIC VIDEO SPECIAL」
[ALL TIME BEST ALBUM II]をリリースする矢沢永吉を2か月に渡り徹底特集!

日本のロックシーンを長年に渡り牽引し、 不動の地位を確立。 数々のミュージシャンや日本のロックの歴史に多大なる影響を与えてきた、 正真正銘のパイオニアである矢沢永吉が今年でソロデビュー40周年を迎える。 今年4月12日(日)には今までステージでは一度も歌ったことがない曲や、 これまであまり披露してこなかったマニアックな曲達を中心にしたライブ「MANIAC NIGHT」の開催を皮切りに、 5月8日(金)からはオーディションを通じて結成したバンド・Z’sとして全国ツアーの開始、 そして9月5日(土) には先述のとはまた異なる大規模ライブ「EIKICHI YAZAWA ROCK IN DOME 2015」を東京ドームにて開催することが決定!スペースシャワーでは、 7月1日(水)に「ALL TIME BEST ALBUM II」を発売する矢沢永吉を二か月に渡って徹底特集!第1弾はミュージックビデオをたっぷり1時間オンエアします。

<初回放送>6/28(日) 19:00~20:00(リピート放送:7月予定)

関連リンク

スペースシャワーTVhttp://www.spaceshowertv.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP