ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武田梨奈&春日太一対談【3/3】松崎しげるからのアドバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 クレディセゾンのテレビCMで披露した「頭突き瓦割り」で一躍注目を浴びた新進女優・武田梨奈(23)と、『役者は一日にしてならず』(小学館刊)の著者である映画史・時代劇研究家の春日太一氏のロング対談。全3回のうち第3回をお届けする。

春日:空手を始めたきっかけは?

武田:空手を始める前からオーディションはずっと受けていたんですけど。でも、何かやりたいものがもう一つないかって探していたときに空手と出会って。

春日:かっこいい。

武田:ただ、空手って型でもそうですし、組み手のときも常にポーカーフェースなんですね。試合のときに痛い表現をできないんです。「うわっ!」てなっただけで判定負けしちゃうので、絶対に痛さとかを表現しちゃいけない。だけど、アクションシーンの場合は、痛さをどれだけ表現するかというのが大事になります。私にとって真逆だったんです。だから、すごく難しかった。

春日:空手というのは「戦うアクション」ですよね。それに対して映画のアクションというのは「見せるアクション」になってくるわけですけど、その辺、戸惑われましたか。

武田:最初は戸惑いましたね。特に『ハイキック・ガール』で初めて役者やらせてもらったときは、よくアクションの方たちにも言われました。「あれはアクションじゃない」と。

春日:それはどういうところが?

武田:やっぱり表現の仕方とかだと思うんですけど。「これ、アクションじゃないんだ……」とネガティブなところから入っていって悩んでいたんですけど、アクション監督さんに「別にアクションじゃなくてもいいじゃん」って言われて。

 ジャッキー・チェンさんももともとはブルース・リーさんに憧れて、ずっとブルース・リーのまねをしてきた。でも、それで全然注目してもらえなくて、新しいことをやろうとコミカルにやったりして、それがまた新しいアクションのジャンルになった。だから、『武田梨奈はまず自分の空手を生かした空手アクションという新しいジャンルでいいじゃん』というふうに言ってもらったことで凄くポジティブになれたんです。

春日:素晴らしいなあ……。

武田:まずは自分の道を極めようとアクションをやらせてもらって、最近は別のこともやっていこうと、刀も練習させてもらっています。

春日:東映の殺陣師の方に聞いたのですが、千葉真一さんが時代劇をやることになった時、空手の癖を治させるのに苦労したそうです。足の運び方が、空手の動きになっちゃうというので。どうしても内股になってしまうから、時代劇になると強そうに見えないという。

武田:そうですね。私もそれは言われました。

春日:やっぱりそうなんですか。その辺、矯正していくのは大変ですか。

武田:そうですね。足と、あと私は手ですね。例えば、両手で刀を使うときはまだいいんですけと、片手で使うときとか、もう片方の手をどうしたらいいかわからなくなってしまったり。空手のときは常に腰にあるんですけど、時代劇だとそれが違和感につながってしまったりするので。時代劇では手と足を注意して見るようにしています。刀を振るところよりも。

春日:そこは空手をやってきたからこそ気づく時代劇の大変さかもしれないですね。『役者は一日にしてならず』に登場する時代劇の役者さんにお話を聞くと、みんなおっしゃるのは「刀を振ることよりも実は足の運びが大事なんだ」と。

武田:あと、『役者は一日にしてならず』を読んでいますと、幼いころ、きゃしゃで体が弱かったりという人が多いですよね。私もそうだったんです。もともと結構ちっちゃくて、すぐ脱臼しちゃう子で。手を引っ張られただけで脱臼しちゃうぐらい。弱くて、運動神経もすごく悪かったんですよ。でも、そういう人でも頑張ったら鍛えられるというか。そういう部分にシンパシーを感じました。

春日:必ずしも子供のころから日の当たるところにいて、それでこの世界に流れていったというわけではないんですね。

武田:そうじゃないですね。空手でもそうなんですけど、いつも優勝する方に「ちっちゃいころから凄かったんですか」って聞いたら、「いや、もともとひ弱で、何も運動とかもできない子だったんです」と言う方が多くて。

春日:そういうのって何かあるんですか、反動というか。

武田:何ですかね。多分反動ですよね。タイのジージャーっていうアクションスターがいるんですけど、あの方ももともとすごい体が弱くて、ちっちゃいころから。でも、テコンドーを始めてチャンピオンになったという話を聞いて、そういう方は多いんだなって。

春日:そういえば勝野洋さんも喘息持ちだったとおっしゃっていました。体が子供のころから強くなかったから、父親に柔道をやらされて、そこからあの肉体を作り上げていった、と。あの人、それこそその後、「ファイト一発!」のCMで真田広之さんとスタントなしでアクションまでやるようになってますからね。

武田:そういうコンプレックスを抱えているからというのもあるんでしょうね。私もコンプレックスから入ったので。

春日:ご自身の中でコンプレックスを周囲に感じさせない努力があったりするんですか。

武田:私は不器用なのがコンプレックスで、現場で迷惑をかけてしまうときもあるんですけど。でも、「その不器用さが武器になるよ」って言っていただけて。「アクションが完璧過ぎると、次こういうの来るんだなっていうのがすぐわかっちゃうし、面白味がない」と。私はできるか、できないか、ぎりぎりのところでいつも戦っているので、見ていてちょっと危機感を感じてもらえるんじゃないかと思います。

春日:不器用だから考えるだろうし、工夫もしますからね。

武田:スタントマンの方たちが合間を縫って教えてくれるのは、一番心強いですね。そういう方たちがいないと自分はいないと思っているので。私だけじゃなくて、ほかの女優さんとか俳優さんのときもそうなんですけど、自分たちが間違えても、怒られるのは絶対スタントマンとか絡みの方たちなんですよ。何か、すごいなって思いますね。こっちがいけない、間違えているのに、何でいつも責任を持つのはアクション部の人たちなんだろうって。でも、そういうのがあって現場は成り立っているので、一番はスタントマンの方たちが支えてくれているというのは感じます。

春日:伺っていると、武田さんも要所要所でいろんな先輩からいい言葉をいただいていますよね。

武田:ほんとにそうですね。先輩方の背中を見て……という感じですね。

春日:共演してきた中で印象的な言葉をいただいた先輩はいますか?

武田:松崎しげるさん。

春日:おーっ!

武田:映画を試写で見終わった後に「どうだった?」って聞かれて、「おもしろかったですけど、個人的には自分のシーンでもっとこうしたらよかったなっていうのはありました」って言ったら、「そうじゃなきゃいけないんだよ」って。

「役者もアーティストも、今生き残っている人はずっとそれを感じていた人だけだから。もっとこうすればよかったって思わなきゃ、成長できないし、よかったって満足しちゃう人は上には上がってこられないから」っておっしゃられて。それを聞いたときに、「これでいいんだ」って思いましたね。

春日:先輩からの言葉であったりとか、いろんな人たちとのつながりが芸を育てるというか。『役者は一日にしてならず』を書いた意義って自分の中ではそういうのもあるんです。

武田:読ませていただいてそれは感じました。私もそうですし、特にアクションやりたいと思っている方たちは絶対に読んでもらいたいなと。俳優をやっている弟も読んで「勉強になった」と言っていました。アクションに対する見方だったり、これから演技をやっていく上での感覚がまた変わってくるので、同じ世代の方に絶対に読んでいただきたいと思います。

春日:ありがたいお言葉です。千葉真一さんは「アクションは見世物ではない。アクションの場面が独立してちゃいけないんだ」「ドラマの中にちゃんとアクションが存在しなければならない。アクションも芝居なんだ」ということはよくおっしゃっています。そこは『役者は一日にしてならず』を読む中でわかっていただきたい部分だし、武田さんからそういう言葉をいただけると、こっちも励みになるというか、勇気になるというか。

武田:「こんな若造が」って思われるのは承知の上ですけど、でも、私は新しいアクション映画の時代を絶対につくっていきたいと思ってます。

春日:最後に聞きたいことなんですけど、新しい時代のアクションとして、武田さんの理想というか、こういう映画、こういう方向をやってみたいというのはありますか?

武田:一番は、「まねされたいな」と思います。映画館を出た後、誰もがまねしたくなるような。そして私はかっこいいアクションスターじゃなくて、「やられ」もやりたい。完璧じゃないアクションスターというのはすごくかっこいいなって思います。

春日:なるほど。座頭市じゃないですけど、ああいう負の部分を持ち、時には傷つき、三枚目的要素を持ちながらのアウトローっていいですもんね。

武田:そうですね。

春日:そういうのって子供たちとかも含めてまねしたくなりますよね。以前に別の本で書いたんですけど、今の日本映画に欠けているところって、まさにそこですよね。子供がまねしたくなるようなスターやヒーローが必要だと思う。

武田:それが一番大きいですよね。

春日:そうすると、それがまた次世代につながっていっていくわけですものね。

武田:はい。

春日:そこは武田さんぜひ目指していっていただきたいし、僕も一〇〇%の力で応援させていただきたく思っております。それは僕自身も志すところでありますし。そういうアクション映画や時代劇がつくられる日本映画界であってほしいなと思いますので。

武田:ありがとうございます。がんばります!

<了>


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
武田梨奈&春日太一対談【1/3】千葉真一と武田の共通点とは
武田梨奈&春日太一対談【2/3】共演したいのは武田鉄矢さん
頭突き瓦割りCM女性 CGなしのぶっつけ本番1テイクで成功

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP