ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和40年代金曜8時プロレス中継 当時の熱狂の様子振り返る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和40年代の金曜午後8時、男の子はみんなテレビの前にいた。ジャイアント馬場の十六文キックが炸裂し、アントニオ猪木が卍固めで相手を沈黙させる。高度成長期をリングに引き込んだ熱き闘いに誰もが熱狂した時代──30年以上もこの世界を追い続け、海外レスラーとの交流も多いライターの斎藤文彦氏が、昭和40年代のお茶の間の熱狂を振り返る。以下、週刊ポスト5月22日号(5月8日発売)からスタートした同氏による連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」からの一部抜粋だ。

 * * *
「全国2000万人のプロレスファンのみなさん、こんにちは」

 昭和40年代の“金曜夜8時”のテレビ番組といえば、ジャイアント馬場とアントニオ猪木が主役のプロレス中継(日本テレビ)だった。

 実況・清水一郎アナウンサーによる“全国2000万人のプロレスファン”というオープニングのあいさつは、いまとなってみればずいぶん大げさなキャッチフレーズではあるけれど、その背景には同番組の平均視聴率が20%超という驚異的な数字の力があった。

 金曜夜8時のゴールデンタイムがプロレスの“指定席”になったのは昭和33年8月。日本テレビが新番組『三菱ダイヤモンド・アワー』の放送を開始し、プロレス中継と『ディズニーランド未来の国』を隔週ペースでオンエアするようになったのがはじまりだった。

 それが番組スポンサーの三菱電機(1社提供)の意向であったかどうかはいささかの議論の余地を残すところではあるが、プロレス中継はブルーカラー層の視聴者向け、ディズニーはホワイトカラー層の視聴者向けの番組と分類された。

 昭和36年8月からは『ディズニーランド』が放送される週はプロレス中継が午後10時台(地域によっては午後11時台)に録画で放送される変則シフトが導入され、プロレス中継そのものは毎週、“お茶の間リングサイド”に届けられるようになったが、プロレスとディズニーのどこか不思議な共存は昭和43年2月まで約10年間つづいた。

 馬場の代名詞はいうまでもなく十六文キックで、猪木の必殺技は──のちに卍固めに改良される──コブラツイスト。メインイベント(当時のカタカナ表記はメーンエベント)はBIコンビが外国人チームと対戦するタッグマッチ60分3本勝負で、馬場と猪木がそれぞれ一本ずつ取って2-0、または2-1のスコアで勝利を収めるというのが定番のパターンだった。

 1時間枠の実況生中継には前座を含め2、3試合が組まれていて、メインイベント開始前には若手選手が三菱の掃除機『風神』でリング上をきれいにするのもおなじみのシーンだった。

 BIコンビの試合はだいたいいつも放送終了時間ギリギリの8時46分くらいに終わるようになっていて、放送時間に余裕がある場合は、若かりし日の徳光和夫アナウンサーがリング上でヒーロー・インタビューをおこなうこともあった。

■斎藤文彦(さいとう・ふみひこ)/1962年東京都生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学学術院スポーツ科学研究所修了。コラムニスト、プロレス・ライター。専修大学などで非常勤講師を務める。『みんなのプロレス』『ボーイズはボーイズ-とっておきのプロレスリング・コラム』など著作多数。

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
力道山空手チョップ 2台の街頭テレビに12000人集まる
瞬間最高視聴率 猪木×アリ38.8%で亀田興毅×内藤51.2%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。