ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

機能的で美しい!ソーラー発電する“ステンドグラス”が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリーンエネルギーとして、ますます需要が高まる太陽光発電。

“太陽光パネル”と言えば、屋根の上などでギラギラ光る姿が思い起こされるが、美しさで群を抜いているのが、この「Current Window」だ。

・ソーラー発電するステンドグラス

科学とデザインを結びつける作品を生み出してきたオランダ人デザイナーのMarjan van Aubel氏が、ソーラー発電システムを開発するスイスの「Solaronix」と手がけたのは、なんと太陽光発電するステンドグラス!

植物の光合成を真似た仕組みで、色の付いたガラス部分に太陽光を当てると、電気を作り出すことができるという。ステンドグラスを通した光も美しく、美しさと機能性が調和しているのが特徴だ。

・直接充電も可能

フレーム下部に設置されたUSBポートからは、直接スマートフォンなどを充電することも可能。

現在のところ、スマホをフル充電するのに7時間ほどかかるとのことで、今後のさらなる開発が待たれるところ。

モダンな柄と美しい色合いが、現代建築にもマッチしそうなこの「Current Window」。

教会や学校などに設置すれば、エネルギー自給に役立てることができそうだ。

Marjan van Aubel
http://www.marjanvanaubel.com/work/current_window/

Images taken by Wai Ming Ng

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP