ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは素敵デザイン!「琉球切手」はアメリカの沖縄占領期のみ沖縄で発行された切手

DATE:
  • ガジェット通信を≫


本日5月15日は沖縄が本土に復帰して43年の日になります。ということで今回は沖縄にちなんだ話題をお届けします。

琉球切手という切手を知っていますか?琉球切手は沖縄切手と呼ばれることもある切手で、1945年(昭和20年)のアメリカ軍の沖縄占領から本土復帰1972年(昭和47年)の27年間のみ沖縄で発行されていた切手です。

猿と藤
切手には「琉球郵便」という文字が入り、ものによっては「RYUKYUS」というアルファベットが入ることもあります。本土復帰前の沖縄にのみ発行された切手ということもあり、ドルやセントの表記があるものも。

リュウキュウイノシシ
琉球切手の特徴はそれだけではなく、切手に描かれる絵柄が沖縄の独自文化を取り入れたデザインのものが非常に多いのです。そのデザイン性の高さからコレクションしている人も少なくありません。また、本土復帰後には琉球切手の発行が停止されたため価格が高騰した時期もあったそうです。どの切手も魅力的なイラストが描かれていて人気の高い切手であったというは納得。

沖縄の紅型
今回はデザイン性の高さが人気の琉球切手をコレクションサイトのcolnectから幾つか紹介します。colnectではそのほかにも琉球切手が膨大に紹介されていますので要チェックです。

関連記事リンク(外部サイト)

これは可愛いぞ!リスたん、お猿たん…郵便切手12種が2015年からデザイン変更
可愛いさが倍増した新デザイン切手がいよいよ発売スタートです!
わかる!わかるぞ!ジブリアニメを超シンプルに表現したポスターデザインが秀逸!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP