ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

仮想ホワイトボードを共有するツール「Deekit」で作業効率アップ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Deekit

書類やムービーなどをオンライン上で共同作業するためのツールは、すでに数多く展開されている。それらを使えば、相手と直接顔を合わさなくてもやり取りができ、仕事の効率を上げられる。

そんなコラボツールに新たに加わったのが仮想ホワイトボードの「Deekit」。プライベートベータ版が展開されてきたが、このほど正式公開された。

・書き込んですぐに共有

職場の打ち合わせなどで会議室のホワイトボードを使う場面があるだろう。Deekitはまさしくそのホワイトボードをオンライン上で共有するためのツール。

チームメンバーがそれぞれの端末から仮想ホワイトボードに書き込むことができ、そしてリアルタイムに共有できる。電話会議などと一緒に使えば、バーチャル会議室のできあがりだ。

・効率アップに不可欠

やり取りは電話やビデオ通話で十分ではないか、と思う人もいるだろう。しかし、開発したスタートアップのCEO、Kaili kleemeier氏は、「ホワイトボードはシンプルながら最も正しく、そして早く情報共有できるツール」とする。

開発の背景にはSkypeで働いていたときのkleemeier氏自身の経験がある。突発的な問題に素早く対処するために、そして遠隔地にいる同僚と協働するのに、見てわかるホワイトボードの活用が有効との結論に至った。

Deekit2

Deekitを開発する上で、kleemeier氏が重視したのは使いやすさ。「機能が多すぎると使いこなせない。操作に気をとられずスムーズに情報共有できるようなデザインにした」と他のツールとの違いをアピールする。

Deekitは本物のホワイトボードのように自由自在に書き込みや削除ができ、共有したボードを保存するのも簡単。しかも無料で利用できるので、協働作業が多い人の強い味方となりそうだ。

Deekit

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。