ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

au夏モデル発表会レポート カメラをテーマにスマートフォン7機種をラインアップしAndroid搭載ガラケーはVoLTE対応に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


KDDIは5月14日、『au 発表会 2015 Summer』を開催。Androidスマートフォン7機種とタブレット2機種、OSにAndroidを搭載した、いわゆる“ガラケー”の携帯電話1機種を発表しました。新端末と新サービスの発表について、まとめてレポートをお届けします。


発表会にはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が登壇。今回の発表のテーマに「生活革命」を掲げ、「モバイルサービス」と現実の世界に利益を提供する「リアルサービス」の2つのパートでそれぞれ発表を行いました。

新端末の発表はAndroidガラケーから


まず「モバイルサービス」として新端末の発表へ。「最初のスマホ」として発表されたのは、意外にも春モデルで発表されたAndroid搭載の携帯電話『AQUOS K』の新機種でした。新機種はLTE音声通話『au VoLTE』に対応します。




前日ドコモがAndroid搭載の携帯電話を発表しましたが、3G対応で機能も限定されたものでした。『AQUOS K』はWi-Fiへの接続、テザリング、『おサイフケータイ』などスマートフォンが持つ機能を“ガラケー”の見た目で実現。VoLTE対応により、通話音質が向上し、着信のスピードも速くなります。



『AQUOS K』は7月中旬の発売を予定。これに合わせて、VoLTE対応携帯電話の料金プランを新設します。10MBのデータ通信と組み合わせる通話時間に応じたプランでは月額1798円から、電話かけ放題とデータ定額を組み合わせたプランは月額3000円から選択可能にして、携帯電話と同等の料金水準を設定しています。

『AQUOS K』主な仕様
サイズ:約W51×H113×D16.9mm(暫定値)
重量:約128g(目標値)
VoLTE:対応
4G LTE受信最大150Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:非対応
WiMAX 2+:非対応
OS:Android 4.4
ディスプレー:約3.4インチ TFT 960×540 QHD
カメラ:約1310万画素 CMOS
インカメラ:なし
外部メモリー:microSDHC 最大32GB
ROM:8GB
RAM:1GB
バッテリー容量:1410mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth:Ver4.0
フルセグ:非対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:非対応
防水:対応
防じん:非対応
カラー:アンバー、クリアホワイト、ボルドー

スマートフォンはカメラをテーマに 全機種225Mbps通信対応



スマートフォンとして発表されたのは全7機種。端末のテーマは「カメラ」と発表されました。各機種とも、発表時にカメラへのこだわりがピックアップされます。


7機種中5機種が、キャリアアグリゲーションによりLTEで受信最大225Mbps、WiMAX 2+で受信最大220Mbpsの高速通信に対応します。

定番フラッグシップは3機種


まず発表されたのがサムスン電子製の『Galaxy S6 edge』。カメラの特徴としては、メインカメラとサブカメラにF値1.9の明るいレンズが搭載されていることが紹介されました。




OSにAndroid 5.0、2.1GHz/1.5GHzのオクタコアCPU、5.1インチのフルHDディスプレー、1600万画素カメラ、64GB/32GBのROM(内蔵メモリー)と3GBのRAM、2600mAhバッテリーを搭載します。4月23日に発売済み。

『Galaxy S6 edge』主な仕様
サイズ:約W70×H142×D7.0mm(最厚部約8.4mm)
重量:約133g
VoLTE:対応
4G LTE受信最大225Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.0
CPU:EXYNOS7420 2.1GHz/1.5GHz オクタコア
ディスプレー:約5.1インチ Super AMOLED 2560×1440 QHD
カメラ:約1600万画素 CMOS
インカメラ:約500万画素 CMOS
外部メモリー:-
ROM:32GB/64GB
RAM:3GB
バッテリー容量:2600mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:非対応
防じん:非対応
カラー:ブラック、サファイア、ホワイト パール、ゴールド プラチナ


続いてソニーモバイル製の『Xperia Z4』を発表します。カメラ機能では、「プレミアムおまかせモード」の撮影モードで「料理」モードが進化したことをピックアップ。



OSにAndroid 5.0、2.0GHz/1.5GHzのオクタコアCPU、5.2インチのフルHDディスプレー、2070万画素カメラ、32GBのROM(内蔵メモリー)と3GBのRAM、2930mAhバッテリーを搭載します。6月中旬の発売を予定。

『Xperia Z4』主な仕様
サイズ:約W72×H146×D6.9mm
重量:約144g
VoLTE:対応
4G LTE受信最大225Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.0
CPU:MSM8994 2.0GHz/1.5GHz オクタコア
ディスプレー:約5.2インチ トリルミナスディスプレイ for mobile 1920×1080 フルHD
カメラ:約2070万画素 CMOS
インカメラ:約510万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー容量:2930mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーン


次にシャープ製の『AQUOS SERIE』が発表されました。前日ドコモから発表された『AQUOS ZETA』とは画面サイズが異なりますが、『AQUOS』のフラッグシップモデル。カメラ機能では、FWVGA(854×480)で最大2100fpsというスーパースロー映像の撮影と再生に対応する点がピックアップされました。



OSにAndroid 5.0、2.0GHz/1.5GHzのオクタコアCPU、5.0インチのフルHDディスプレー、1310万画素カメラ、32GBのROM(内蔵メモリー)と3GBのRAM、2600mAhバッテリーを搭載します。6月中旬の発売を予定。

『AQUOS SERIE』主な仕様
サイズ:約W70×H132×D9.6mm(最厚部 9.9mm)
重量:約134g
VoLTE:対応
4G LTE受信最大225Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.0
CPU:MSM8994 2.0GHz/1.5GHz オクタコア
ディスプレー:約5.0インチ IGZO 1920×1080 フルHD
カメラ:約1310万画素 CMOS
インカメラ:約210万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー容量:2600mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:非対応
カラー:ホワイト、グリーン、ピンク

auオリジナルの4機種を発表


続いてauオリジナル機種の発表へ。まず、LGエレクトロニクス製の『isai vivid』が発表されました。カメラ機能ではF値1.8と明るいレンズ、幅広い色表現と高コントラスト、高輝度を実現したディスプレー『IPS Quantum ディスプレイ』が紹介されます。



OSにAndroid 5.1、1.8GHz/1.4GHzのオクタコアCPU、5.5インチのWQHDディスプレー、1600万画素カメラ、32GBのROM(内蔵メモリー)と3GBのRAM、3000mAhバッテリーを搭載します。5月下旬の発売を予定。

『isai vivid』主な仕様
サイズ:約W76×H150×D10.3mm
重量:約150g
VoLTE:対応
4G LTE受信最大225Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.1
CPU:MSM8992 1.8GHz/1.4GHz オクタコア
ディスプレー:約5.5インチ IPS Quantum 2560×1440 WQHD
カメラ:約1600万画素 CMOS
インカメラ:約210万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー容量:3000mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:シャンパン、ホワイト、ブラック


次にHTC製の『HTC J butterfly』を発表。カメラ機能としては2020万画素のメインカメラに加えて、インカメラも1300万画素に対応して自撮りに強くなった点を紹介しました。




タッチ&トライコーナーでは前モデルとインカメラで撮影した写真を比較して見られたのですが、フロントスピーカーの配置が広がり、スピーカー穴の径も大きくなっていることが分かります。これにより、クリアな音の再生を可能にしています。OSにAndroid 5.0、2.0GHz/1.5GHzのオクタコアCPU、5.2インチのWQHDディスプレー、2020万画素カメラ、32GBのROM(内蔵メモリー)と3GBのRAM、2700mAhバッテリーを搭載します。6月上旬の発売を予定。

『HTC J butterfly』主な仕様
サイズ:約W73×H151×D10.1mm(最厚部約10.7mm)
重量:約162g
VoLTE:対応
4G LTE受信最大225Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.0
CPU:MSM8994 2.0GHz/1.5GHz オクタコア
ディスプレー:約5.2インチ 2560×1440 WQHD
カメラ:約2020万画素 CMOS
インカメラ:約1300万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大200GB)
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー容量:3000mAh
テザリング:対応(8台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ロッソ、シルク、インディゴ


次は京セラ製の『TORQUE』を発表。タフネスさが人気のシリーズですが、今回はカメラ機能として「海の中でもキレイに撮れる1300万画素カメラ」という特徴をピックアップしています。



OSにAndroid 5.1、1.4GHzのクアッドコアCPU、4.7インチのHDディスプレー、1300万画素カメラ、16GBのROM(内蔵メモリー)と2GBのRAM、2910mAhバッテリーを搭載します。7月上旬の発売を予定。

『TORQUE』主な仕様
サイズ:約W72×H147×D14.2mm(暫定値)
重量:測定中
VoLTE:対応
4G LTE受信最大150Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.1
CPU:MSM8928 1.4GHz クアッドコア
ディスプレー:約4.7インチ 1920×720 HD
カメラ:約1300万画素 CMOS
インカメラ:約500万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:16GB
RAM:2GB
バッテリー容量:2910mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:非対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:グリーン、レッド、ブラック


スマートフォンの最後に京セラ製の『URBANO』を発表。カメラ機能では感度とホワイトバランス向上による画質の向上を紹介しました。



OSにAndroid 5.1、1.4GHzのクアッドコアCPU、5.0インチのHDディスプレー、1300万画素カメラ、16GBのROM(内蔵メモリー)と2GBのRAM、2200mAhバッテリーを搭載します。7月上旬の発売を予定。

『URBANO』主な仕様
サイズ:約W72×H146×D8.2mm(暫定値)
重量:測定中
VoLTE:対応
4G LTE受信最大150Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.1
CPU:MSM8928 1.4GHz クアッドコア
ディスプレー:約5.0インチ 1920×720 HD
カメラ:約1300万画素 CMOS
インカメラ:約500万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:16GB
RAM:2GB
バッテリー容量:2200mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:非対応
ワンセグ:対応
赤外線:対応
おサイフケータイ:対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:モカブラック、ディープグリーン、トゥインクルピンク

タブレットは2機種


続いてタブレットを発表。ソニーモバイル製の『Xperia Z4 Tablet』はauでも発売されます。10.1インチのLTE/3Gタブレットでは世界最薄・最軽量のタブレット。



OSにAndroid 5.0、2.0GHz/1.5GHzのオクタコアCPU、10.1インチのWQXGAディスプレー、810万画素カメラ、32GBのROM(内蔵メモリー)と3GBのRAM、6000mAhバッテリーを搭載します。7月中旬に発売を予定。

『Xperia Z4 Tablet』主な仕様
サイズ:約W254×H167×D6.1mm(暫定値)
重量:約393g(暫定値)
VoLTE:非対応
4G LTE受信最大225Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.0
CPU:MSM8994 2.0GHz/1.5GHz オクタコア
ディスプレー:約10.1インチ トリルミナスディスプレイ for mobile 2560×1600 WQXGA
カメラ:約810万画素 CMOS
インカメラ:約510万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:32GB
RAM:3GB
バッテリー容量:6000mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:対応
ワンセグ:対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:非対応
NFC:対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ホワイト、ブラック


もう1機種は、京セラ製でau独自企画の8インチタブレット『Qua tab』。タブレットには珍しい3色展開で、スマートフォンの画面や通知をタブレット画面に表示できる『au シェアリンク』に対応します。



OSにAndroid 5.1、1.5GHz/1.0GHzのオクタコアCPU、8.0インチのフルHDディスプレー、500万画素カメラ、16GBのROM(内蔵メモリー)と2GBのRAM、4000mAhバッテリーを搭載します。7月下旬に発売を予定。

『Qua tab』主な仕様
サイズ:約W125×H214×D7.9mm(暫定値)
重量:約298g(暫定値)
VoLTE:非対応
4G LTE受信最大150Mbps:対応
キャリアアグリゲーション:対応
WiMAX 2+:対応
OS:Android 5.1
CPU:MSM8939 1.5GHz/1.0GHz オクタコア
ディスプレー:約8.0インチ TFT液晶 1600×1200 WUXGA
カメラ:約500万画素 CMOS
インカメラ:約200万画素 CMOS
外部メモリー:microSDXC(最大128GB)
ROM:16GB
RAM:2GB
バッテリー容量:4000mAh
テザリング:対応(10台)
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver4.1
フルセグ:非対応
ワンセグ:非対応
赤外線:非対応
おサイフケータイ:非対応
NFC:非対応
防水:対応
防じん:対応
カラー:ホワイト、ピンク、ネイビー

リアルでは『au WALLET』とauショップを軸にサービスを展開


続いて発表は「リアルサービス」の項目へ。まずプリペイド式電子マネー『au WALLET』の会員数が5月で1200万人を突破したことを発表し、好調ぶりをアピール。




『au WALLET』関連では、購入時に通常よりポイントが貯まるポイントアップ店の43社2万8000店舗への拡大、じぶん銀行で給与振込や残高などの取引条件に応じてポイントを獲得できるサービス、1周年を記念したポイントの増量やプレゼントのキャンペーンが発表されました。


全国2500店舗で月間1000万人の来店者がいるauショップで食品や雑貨などの販売を行う『au WALLET Market』、旅行や食事などのぜいたくな体験を提供するプレミアムチケットを販売するサービス『LUXA』と提携した『au WALLET Market powered by LUXA』をこの夏に開始することも発表されました。『au WALLET Market』はau SHINJUKU、au OSAKA、au NAGOYA、au FUKUOKAの4店舗から順次拡大して展開を予定しています。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP