ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「30代になる前に・・・」絶対に覚えておくべきこと4つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自分の人生がようやく軌道に乗り出し、次第に面白みを増してくる年代。まさに今が旬の人も、振り返ってみる人も20代とは、そんな時期なのではないでしょうか。

悩みや考え事が尽きることなく湧いて出てくると思いきや、「必要ないことで悩みすぎだ」と女性ライターのLauren Martin氏。20代のうちに考えるべきはこっちと、当代女性を代表して「Elite Daily」で主張しています。

忙しい日常にあっても女性というのは、勝手に途方もなく落ち込んだり、寂しい気持ちになるものです。「どうして私には彼氏ができない?」「いつになったら運命の相手と出逢い、結婚できるの?」といった具合に。

だけど、ネガティブに考えすぎると、自分が嫌になっていきます。暗い気持ちになり、思い悩み、やがては意識が朦朧とストレス状態に…。自分の将来を心配するあまり、今を楽しめなくなってしまう。それは、あなたが20代でありながら、30代の問題を気にし過ぎているからに他なりません。

このままでは、せっかくの20代が台無しに。子どものように両親と争うことはもう止めにしましょう。もっと大人になり、周囲に優しく気づかいのできる人間に成長するべきではないでしょうか?「光陰矢の如し」。今をもっと楽しみ、成長のために時間を費やすべきです。

01.
真実の愛を探すより
自分の「個性」を見るけるのが先

米ベストセラー作家であるニコラス・スパークスは、「25歳で恋に落ちるべきではない」と語っています。なぜか?愛は複雑で、真実の愛を見つけ出すことなんて至難の業、そして厄介なものだから。いまだ未完成な20代が「真実の愛」を見つけ出すことなんて、至難の業。さらには厄介なものだからです。こちらが探せば探すほどに、愛は蜃気楼のごとくゆらいでいきます。他の何かに没頭していたり、愛についてなんて考えていない時の方が、意外と見つかるものだったり。

愛してくれる誰かを探すよりも、愛せる何かを探すべき、それが20代なのです!仕事や趣味、情熱を持てる何か。それを見つける方がよっぽど大事。誰かを愛したいと意識する前に、まずは自分自身を愛しましょう。
20代の愛は自分自身のためにあると言ってもいいくらい。30を過ぎてから誰かを愛したって、ちっとも遅くはありませんよ。

02.
30過ぎたって遅くない!
結婚の決断は慎重に

意外に思うかもしれませんが、いまアメリカでは、結婚よりも離婚するカップルの方が多いんです。両親や上司のような、年上の人たちはとにかく早く結婚をし、子どもを授かることを勧めるのではないでしょうか。

ですが、それを実現するためには初恋の人を愛し続けたり、まだつき合いが短い相手を選ばねばなりません。20代の愛が素晴らしく、魅力的に思えるのは最初だけ。現代において、20代で結婚する女性はあまり多くはありません。仕事や自分自身の人生のことを考えれば、非生産的なのかも知れませんね。

03.
自分の時間を子どもに充てる。
育児とは、そういうこと

もし、本当にあなたが子ども好きだったとしても、20代でママになることをどう思いますか?あなたが何を求めているか、もう一度よく考えてみて下さい。出産はいわば、あなたの未来。当然、ライフステージを大きく変える出来事です。もちろん、子どもを持つことが悪いわけではありません。ただ、自分自身の時間は、確実に少なくなるということです。

人生の最も楽しい時代を過ごせるはずの20代を育児に充てるということは、それだけ覚悟がいるということ。子どもを授かったのであれば、全力で愛してあげましょう。

04.
20代は“跳躍”のための準備期間

成功は一夜にして築きあげられるものではありません。ほんの少しの幸運と、たゆまぬ日々の努力があってこそ。20代をどう過ごすかで、その後の30代が大きく違ったものになるはずです。勉強だけではありません、しっかり人生を学び、遊び、自分が本気でやりたいと思うものを伸ばしていく時期。

いくらか給料が少ないとか、上の世代からなかなか理解してもらえなかったとしても、ストレスを溜めるのはもう、止めにしましょう!目一杯に弓を引くのが20代、その矢が解き放たれるのが30代。さあ、素晴らしき来るべき日のために、今を生きましょう!

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

結婚前に要チェック!良い夫になる男性に共通する「休日の過ごし方」とは?
タイプの子には即アタック!今を全力で生きる「直球男子」が魅力的な6つのワケ
「結婚・出産=女の幸せ」ではない?数字で見る、現代女性が子どもを持たない本当のワケ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP