ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エウレカ「秘密基地」の高田梢枝、茨城の廃校でアニソンフェスを主催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「Satoani文化祭」が開催される朝日里山学校の校舎内
9月5日(土)、茨城県石岡市にある廃校利用施設・朝日里山学校にて、アニソンを中心とした音楽フェス「Satoani文化祭」が開催される。

主催は、TVアニメ『交響詩篇エウレカセブン』のED「秘密基地」や『おおきく振りかぶって』のED「メダカが見た虹」などを手がけた、同市出身のシンガーソングライター・高田梢枝さん。

里山×アニソン×アコースティック」をテーマに、アニソンを中心とした、アコースティックスタイルのライブやDJによるステージ、教室を利用したレクリエーション、地元産品を利用したフードや売店などが展開される。

開催の経緯

高田さんは、2014年11月に東京・中野駅前暫定広場にて開催された超都市型野外DJイベント「Re:animation7(リアニメーション)」や、この4月には「エウレカセブン」ファンによるクラブイベント「Back 2 Bellforest」などに出演。

そこで、今までのライブアクトとは違ったスタイルのDJ陣やクラブカルチャーに触れ、活動の幅をさらに広げたいという思いから、今回のフェスの企画がスタートしたという。

のどかな環境でアニソンを楽しむ!

「Satoani文化祭」では、高田さんをはじめとしたアニソン歌手を迎えたアコースティックスタイルのライブや、アニソンやダンスミュージックのDJが、校庭を利用したステージで披露される。

そのほか、電源を使わないアナログゲームブースや、朝日里山学校名物のピザ、地元周辺のカフェなども出店するなど、「文化祭」らしい要素も盛りだくさん。更衣スペースも用意されており、会場内でコスプレをすることも可能となっている。

山に囲まれたのどかな環境の中で、のびのびとアニソンを堪能できる最高の1日を届けるべく、現在も企画進行中とのことだ。

引用元

エウレカ「秘密基地」の高田梢枝、茨城の廃校でアニソンフェスを主催

関連記事

3200人のアニソン好きが集結! 上坂すみれも熱演した「リアニ7」レポ
「いつか都庁前で」 アニソン×ダンスDJイベント「リアニ」ができるまで
次世代音楽カルチャー好き必読!「オトカルチャー」第2号がアツい

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP