ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉野家が半日分の野菜を食べれる「ベジ丼」発売!11種類の温野菜を盛り付けた健康的な丼をご提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫


吉野家が、5月21日(木)10時より全国の「吉野家」店舗にて、11種類の温野菜を使用した新商品「ベジ丼」「ベジ牛」「ベジカレー」の販売を始める。

吉野家といえば牛丼の店で、サラダを注文しない限り、野菜を採ることはあまりできなかった。今回発売する「ベジ丼」「ベジ牛」「ベジカレー」では、満腹感に加えて「健康」という新しい価値を提供する。

野菜は、ゴマ油の風味豊かな特製「うま塩ダレ」で11種類の温野菜(ヤングコーン、オクラ、ブロッコリー、サツマイモ、赤パプリカ、黄パプリカ、インゲン、ニンジン、キャベツ、ニラ、玉ネギ)を味つけ。自宅で調理をしても、これだけたくさんの野菜は食べられない。

11種類の温野菜によって一日に必要とされる野菜の量の半分を一度に摂れるので、野菜をなかなか食べられない独身の方や、美容に気づかう女性にもぴったりだ。

値段はベジ丼が530円、ベジ牛が650円、ベジカレー650円となっている。
通常の牛丼からすると少しお高いが、一日の半分の野菜を食べられる安心感と野菜が高騰する時期もあるため、むしろお得かもしれない!?

野菜を最近食べてない…、と思ったら、「ベジ丼」を食べに行ってみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP