ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子アナ 洋服の選び方も男性目線を理解しないと生き残れない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女子アナには「30歳定年説」が存在する。民放キー局出身アナはどう考えるのか。寺田理恵子(元フジテレビ)、雪野智世(元テレビ朝日)、新井麻希(元TBS)、亀井京子(元テレビ東京)らが、その説について語り合った。

雪野:私は30歳で退社しました。当時は月の残業が100時間を超えて、心身ともに疲れ果てていた。そんなときにこれからのことを考えたんです。アナウンサーは年齢を重ねると番組から声が掛かることが少なくなり、他部署に移ることが多い。それが嫌で退社を決意しました。

寺田:私たちの頃は寿退社で辞められる方が多かった。私も家庭に入りたいという願望が強く芽生えましたね。

雪野:でも50歳の今考えると、会社にいても良かったのかなって(笑い)。テレビ局って女性が恵まれていますよ。仕事内容にしても給料にしても、会社員としては最高の環境だと思う。アナウンサーに限らずね。

寺田:女子アナってひと言でいうと「アイドル的だけど会社員」。私は、「おまえは社員だ。局の看板を背負っているんだから、勘違いするな」とすごく厳しくいわれ続けました。

雪野:私は「電波芸者」だと思います。悪い意味ではないんです。ゲストに気を遣い出演者をまとめつつ、でも前には出ない。

新井:料理を引き立てる「お皿」と同じ役割ですよね。自分は出過ぎず、シンプルに出演者を際立たせる。

亀井:女性的な部分ばかり取り上げられるけど、男性的な要素がすごく必要な「オトメン」だと思います。体力もいるし、洋服の選び方ひとつにしても男性からの目線を理解していないと、生き残れないんだと思います。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏目、豊田、杉上、松尾……スト中の日テレ女子アナを激写
女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮
山岸舞彩アナの穴埋める杉浦友紀に「福井のスイカップ」の評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP