ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂、スマホゲーム進出に期待と不安

DATE:
  • ガジェット通信を≫


任天堂は、5月7日に開催した2015年3月期の連結決算説明会のなかで、2017年3月末までにスマートフォン向けのゲームを5タイトル程度提供することを発表した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ほかのゲームメーカーが次々とスマートフォン向けゲームに参入するなか、ゲーム専用機でのソフト供給にとどまっていた任天堂だが、今年3月にDeNAとの提携を発表。その動向が注目されていたが、ひとまず約2年後までに5タイトルのゲームを投入することとなる。また、見通しとしては年内に最初のゲームアプリのサービスを開始するという。

任天堂が発表した「平成27年3月期 決算短信」によると、

「ビデオゲーム専用機とスマートデバイスでは操作体系もプレイシーンも異なりますので、同じIP(編集部註:IP = Intellectual Property、キャラクターなどを含む知的財産のこと)を活用したとしても同じゲームを提供するのではなく、それぞれのプレイスタイルに合わせた最適なゲームをそれぞれに提供することで、当社IPの価値を最大化し、その魅力に触れていただくお客様の間口を広げ、『ゲーム人口の拡大』を推進していきます」

とのこと。どうやら、ニンテンドー3DSやWiiUなどで提供されているゲームをそのまま移植するのではなく、スマートフォン向けに開発されたタイトルとなりそうだ。

ついに実現する任天堂のスマホ向けゲームに、ツイッターでは、

「ついに眠れる獅子が起きるか。ローカライズさえしっかり出来れば、大ヒットタイトルを連発できる要素はある」

「任天堂スマホに来るんか!マリカーをスマホでマルチできたら熱いな!!」

「単なる移植ではないとのこと。『DeNAとの提携によって実現されたもの。どんなタイトルが登場するのか気になりすぎます』」(原文ママ)

などと、期待の声が寄せられている。

しかし、一方では、スマートフォン向けゲームメーカーとしては後発となってしまう現状について、

「やるのが5年くらい遅かったかと(汗)iPhone3GS/4・初代Xperiaあたりでやっておけば波に乗れたと思うのですが、あの頃の任天堂は頑固でしたからね」

「再来年か。結構時間かかるな。市場環境も大きく変わってそう」

と、心配の声も少なくない。さらには、スマートフォン向けゲームといえば“アイテム課金”がつきものであり、

「マリカーでたら熱いだろうな~。オンライン対戦。

でも、アイテム課金でガンガン、スピードアップや邪魔する系のアイテムを買わされそう。。。」

といった懸念もあがっている。

たしかに“課金”については気になるところだが、前述の説明会で任天堂の岩田聡社長は、「広く薄くお金を払っていただく方法をしっかり考える」と発言。一部のユーザーに多く課金をさせるような“重課金モデル”ではなく、あまり課金せずにゲームを楽しめる方法を打ち出していくようだ。

【関連リンク】

■平成27年3月期 決算短信[日本基準](連結)- 任天堂

http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2015/150507.pdf

■「任天堂 スマホ」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BB%BB%E5%A4%A9%E5%A0%82+%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

任天堂、スマホゲーム進出に期待と不安はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

災害時「緊急用通信端末」に期待の声
「身体にまつわる都市伝説」の過去記事一覧
女心がわかる!? ホンネの恋愛事情 記事一覧
毎日更新中【激撮!感動の一瞬】
気になる“あのコ”のシゴトーク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP