ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.1.xに対応したXposedフレームワークのアルファ版が非公式公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリを改変することなく、root 権限がなければ実現できない機能を利用できるようにする「Xposed フレームワーク」の非公式な Android 5.1.x 対応版が XDA Developers で公開されました。今回のリリースされたものは、「Android 5.1.0 と Android 5.1.1 向けの Xposed Framework super alpha」という開発初期版として配布されており、ユーザーは root 化された Android 5.1.0 または Android 5.1.1 を搭載した端末にリカバリモードから ZIP ファイルをインストールすると、既存の Xposed モジュールを利用できるようになります。Xposed フレームワークは Android 5.1.0 用と Android 5.1.1 用に分かれて(ART に大きな変更が加えられたため、分かれているそうです)、「xposed-sdk22-5.1.0-arm-20150514.zip」は Android 5.1.0 を搭載した Nexus 5 で動作することが確認されています。一方、「xposed-sdk22-5.1.1-arm-20150514.zip」は Android 5.1.0 を搭載した Nexus 5 で動作することが確認されています。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
「BlackBerry Leap」のホワイトカラーが米国とカナダの公式サイトで発売
NOVA Launcher v4.0がリリース、Material Design仕様の内容にリニューアル
「HTC One M9+」が台湾で本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP