ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

着物って難しい? 季節と素材についての豆知識

DATE:
  • ガジェット通信を≫

着物を着てみたいけれど、いろいろとルールがあるようで難しい……。そう思って着物デビューを敬遠している人も多いのでは?

着物は難しいってイメージを持っていない?

そこで今回は、西荻窪にある着付け教室「やわらか着付けシロップ」の指田カナ子先生に、着物初心者が覚えておくべきポイントを聞いてみた。

●季節の柄はちょっと先取りすべし!

花柄を着る場合は、実際にその花が咲く少し前から、満開の直前までがベストタイミングといわれている。例えば紫陽花(あじさい)なら、5~6月までが粋に着こなせるシーズン。冬に紫陽花がプリントされたワンピースは着ないと考えると納得できるだろう。

●衣替えは年に2回

着物にも洋服と同じく、衣替えのルールがある。一般的には10月~5月は裏地のついた袷(あわせ)の着物、6月と9月は裏地のついていない単衣(ひとえ)の着物、7月、8月は透け感のある薄物と呼ばれる着物か浴衣を着る。あらたまったシーンではマナーとしてしきたりを尊重しつつ、カジュアルな場ではその日の気温や体調に合わせて着る物を選ぼう。

●夏場は涼しげに装う

何を着ても暑い夏は、透け感のある「絽(ろ)」や「紗(しゃ)」と呼ばれるものや麻などで、せめて見た目だけでも涼しげにすると◎。

●木綿の着物は年中OK

木綿の着物は日本各地で作られていて、厚みもさまざま。裏地のついていない単衣仕立てで、年間通して着られる便利な一枚だ。ふっくらと厚みがあるものは秋冬、薄手のものは春夏と季節で使い分けて! 浴衣と同じカジュアル格のため、かしこまった席ではNG。

●コーディネートは触り心地で選ぶ

着物と帯の合わせ方は、キラキラした素材の着物にはキラキラした帯、しっとりした素材の着物にはしっとりした帯と、着物と帯の質感を合わせるとまず間違いなし。

敷居が高く感じていた着物だけれど、これさえ覚えておけばチャレンジできそう。この春、着物デビューしてみる?

(小松田久美+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP