ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中居正広の父 1人では歩けぬほどの体で紅白リハ見学をした

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの中居正広(42才)が、5月9日放送のラジオ番組『中居正広のSome girls’ SMAP』(ニッポン放送)で、2月19日に父・正志さん(享年79)が2年間のがん闘病の末に亡くなっていたことを明かした。

 正志さんを病魔が襲ったのは、2年前の2013年2月のこと。肺がんが見つかり、翌3月に片方の肺を全摘出する手術を行った。

「手術は成功したんですが、その年の秋頃にリンパへの転移が見つかり、放射線治療を余儀なくされたそうです」(中居家知人)

 中居父子の苦難はさらに続く。翌2014年5月には喉頭がんも発覚する。正志さんは、喉頭がんの手術を繰り返し声帯を切除、飲まず、食わず、しゃべれずの3か月間を過ごす。

「喉を取っちゃって、空気が漏れちゃうからしゃべることができない。(体重も)80kg近くあったのが、すぐもう50kg台になって、40kg台になって…。これはつらかったね…。もう何にもやってあげられないからさ」

 前述のラジオで、当時をこう振り返った中居。

「このとき、中居くんはSMAPの5大ドームツアーの真っ最中で、全国を飛び回り、超多忙だったんですが、時間を見つけては病院に駆けつけていました。退院後に“食べたい物リスト”なんかを一緒に作って、正志さんを励まし続けたんです」(前出・中居家知人)

 中居の献身的な看病もあってか、昨年11月、退院することに。

「自宅療法に切り替えてからは、正志さんは喉に痰が詰まることに苦しめられました。痰を吸い取らないと呼吸ができなくなってしまうため、ほぼ毎日のように病院に通ったそうです。正直、中居くんら家族にしてみれば、入院してくれた方が肉体的には楽なんですけど、正志さんが入院を嫌がり、家にいたいと望んだため、家族みんなで支えたようです」(前出・中居家知人)

 昨年末、正志さんは毎年恒例となっている場所に姿を見せた。

「例年通り紅白のリハを見学に来ていました。ただ、もうひとりでは歩けないほど体はキツかったみたいですね。家族に支えられて歩いていましたから…。それでも中居くんの晴れ姿を見たかったんでしょうね」(NHK関係者)

※女性セブン2015年5月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中居正広の父「アイツちゃんと稼いでるのかな」と息子を心配
中居正広 2度目炊き出しの餃子、チャーハンに絶賛の声出る
「舞祭組(ぶさいく)」に力を入れる中居正広 その真意解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP