ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勝野洋 自分のイメージで演じたいため誰かを参考にはしない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大学在学中にモデルとして活動を始め、ひょんなことから『太陽にほえろ!』のテキサス刑事役に抜擢され人気者になった勝野洋は、天職なのか迷いながら俳優を続けていた。俳優としての自分を認められるようになったきっかけ、セリフに感じる言葉の力について勝野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 勝野洋はもともと、好き好んで俳優の道に進んだわけではない。その意識が大きく変わるキッカケとなったのが、1993年に大林宣彦監督が撮った映画『はるか、ノスタルジィ』だった。

「これが自分の天職なのかどうか、ずっと迷いがあったような気がしています。大学に落ちたら自衛官になろうと思っていて、そっちが天職かな、と。

 でも四十歳になって『はるか、ノスタルジィ』に出た時『よし、これでやっていこう』と決めました。あの映画で演じたのは、いつも自分を否定している作家の役でした。否定された過去の自分が今の自分に会いにくるという話なんです。『いつまで俺を否定するんだ』と。
 
 演じながら、『俺もこの作家と同じだ』と思ったんです。そうやって自分を否定してきたんじゃないか、と。『それじゃあ前に進まないよな』と思いました。

 自分を認めないと、自分を受け入れないと、絶対に前には進めませんから。それから少しずつ、自分を認めていけるようになりました。今はネガティブなことは絶対に言わないようにしています。前向きなことしか言わない。

 自然体で少しずつ楽しみながらやれたらいい。役者って言葉に力があると思います。セリフ一つで人を感動させたり、怖がらせたりできる。舞台だと空間すら作れる。これは凄いことです。ですから、いい空間が作れたらいいなと思っています」

 2003年にモーニング娘。と共演した舞台『江戸っ娘。忠臣蔵』など、十代のアイドルたちと共演する機会も多い。

「彼女たちをフォローするといいますか、一緒にいいものを作っていくという意識でいます。

 演技のリズムは向こうに合わせます。一緒にやって僕だけ抜けていたらおかしいですから。演技というのは、結局はセリフ回しやトーンといったリズムだと思うんです。

 それでも、彼女たちの中に入って一緒にやる、という感じではないですね。包み込むという意識です。『優しいおじさん』として接するようにしています」

 勝野は大学で東京に出てくるまで熊本で暮らしていた。それだけに、訛りを矯正するのに苦労したという。

「今でもそうなんですが、台本には全てアクセントをつけています。『もう大丈夫だ』と言われるんですが、僕は同調しやすいんで、熊本から電話がかかってきたりすると、戻ってしまう。

 アクセントをつける作業に何日もかけてから覚えるんで、人より何歩も遅れます。役に入っていくのは、それからですから、台本は早く欲しいですね。

 先々は悪役をやりたいです。それもハードなやつ。自分と逆ですから。やるからには、自分にないものをやってみたい。

 ただ、どんな役でも自分のイメージで演じたいので、誰かを参考にすることはありません。このあいだ舞台をやった時も、ある先輩の役者が同じ役をやっていたので『そのビデオを観ておいてください』と言われたのですが、それはお断りしました。見ちゃうと、どこかで絶対にマネしちゃいますからね」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年5月22日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
就活で「自分を物に例えたら…」質問に「たまねぎ」に学生感心
【キャラビズム】予言する占い師は自分の運命も見えるのか?
就活で50社落ちた学生「自分は社会人に適していないのでは…」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP