ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはそそる!江戸時代の侍のダンディズムを焼き付けろ!展覧会「江戸のダンディズム」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京・青山の根津美術館でかなりそそられる展覧会がありますよ。展覧会の名前から既に心奪われるコレクション展「江戸のダンディズム -刀から印籠まで-」です。

江戸のダンディズム

2015年5月30日(土)〜7月20日(月)まで行われる本展では根津美術館が所蔵する刀剣・刀装具・印籠のコレクション約100件が公開されます。

太平の江戸の世では、刀剣やその拵は、男性にとって持ち主の身分や教養、季節を感じさせる「こだわりのアイテム」として位置付けられるようになりました。意匠を凝らしたものが競ってつくられ、印籠や根付も同様の発展を見せました。

d06ca47e0254db0d02d3c3f6e758c47a

当時の男性たちの身の回りのアイテムにスポットを当て、芸術性の高いコレクションが大集合するわけです。男性は今の時代でも身の回りのアイテムにこだわりを抱き、コレクション欲が強い生きもの。

dandyism_4

dandyism_3

茶器の世界では「へうげもの」という言葉もあるようにコレクションに没頭する人々もいたようですが、刀や印籠などに関してもおそらく武士たちにとっては同様にコレクション欲をかきたてるアイテムだったことでしょう。

「江戸のダンディズム -刀から印籠まで-」に関連した講演会なども行われる予定となっているようなのでぜひチェックしてみてください。

根津美術館

関連記事リンク(外部サイト)

コレは欲しいぞ!日本刀でギアチェンジできる!?侍のシフトレバー
サムライの書斎にいかが?日本刀を模した危なっかしいブックエンド
注目クリエイター集う!現代日本ものづくり縁起「天祭 一〇八 in 増上寺」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。