体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タイの正月】水かけ祭りソンクラーン徹底ガイド / 年に一度はタイに行こう!

thai4

タイは旧正月をソンクラーンと呼んでおり、毎年4月13日から15日にかけて、国民が新年を祝う。ソンクラーンは「水かけ祭り」とも呼ばれており、互いに水をかけあって、相手の幸せを願う行事となっている。

・水かけ祭りの過熱化
もともとは、少量の水を相手にかけ、ささやかに幸せを願う行事だった。しかしここ数年、海外にも水かけ祭りの名が広まり、欧米から多くの観光客がやってくるようになった。そのうち「水のかけ具合」も過熱化し、強力な水鉄砲や放水車で人々を撃ちまくる、エンターテイメント化が進んでいる。

thai01

・ルール
水かけ祭りには暗黙のルールがある。水をかけられても怒らない、商売人には水をかけない、食べ物には水をかけない、警察官には水をかけない、お坊さんには水をかけない、店内でやらないなど。スーツ姿のビジネスマンやOLにもかけない傾向にあるが、かけてはダメという決まりはない。

thai05

・どこで参加する?
水かけ祭りはタイ全土で開催されているが、首都バンコクでエキサイティングな水かけ祭りに参加したいならば、3つの拠点をおさえておけば完璧だ。ちなみに、水かけ祭りは大晦日からフライングでスタートしている。

<伊勢丹前>過激度: ★★
伊勢丹(セントラルワールドプラザ)の前には広場があり、そこで企業が開催する水かけイベントが楽しめる。ギュウギュウになるほど人がいるわけでもないため、適度な賑やかさのなかで水かけ祭りを楽しめる。人体に無害の泡を噴射するコーナーや、水が天井から吹きかけられるコーナーもあり、伊勢丹に入ればトイレも使用できるため、非常に便利。

最寄駅: スカイトレインのチットロム駅から徒歩約5分
トイレ: 伊勢丹またはセントラルワールドプラザのトイレが無料で使用できる

thai18

<シーロム地区>過激度: ★★★★
タイ人の冷水ぶっかけ、欧米人の強力な水鉄砲放射、道路に特設されたアーチ型の放水器、消防局の放水車、あらゆる水かけの洗礼を受けることができる。世界中から人々が集まるため、酸素不足を感じるほど高密度な状態になる。

最寄駅: スカイトレインのサラデーン駅、または地下鉄シーロム駅から徒歩圏内
トイレ: ホテル『デュシタニバンコク』、または商業施設『シーロムコンプレックス』のトイレが清潔で使いやすい。どちらも無料。

thai02

<カオサン通り>過激度: ★★★★★
欧米人が多いだけでなく、狭い通りに大勢のシューターが集まるため、一度通りに入ったら長時間抜け出せない可能性がある。そのぶん大量の水をかけられ、エキサイティングな体験をする事ができるが、それなりの覚悟はしておこう。カオサン通りに隣り合わせてワット・チャナソンクラームと呼ばれている寺院があり、その側面を走る路地は、穏やかな雰囲気のなか水かけ祭りを楽しめる。

最寄駅: 水上バスのプラアーティットピアー駅から徒歩10分
トイレ: ホテルが宿泊客にしかトイレを使わせないケースもあるため、マクドナルドやバーガーキングなどのトイレを使用。すべて無料。

thai4

・準備
水かけ祭りは「水をかけられても怒らない」のがルール。たとえ所持品が汚れたり壊れたりしても、相手を責めるのは間違い。そういう場に「何の対策もせず出てきてしまった自分」が悪いのだ。

<貴重品>
スマートフォン、カメラ、パスポート、サイフなどは絶対に防水対策をしておこう。貴重品はジップロックなどの防水ビニールに入れておき、できれば乾燥剤も1~2袋入れておくと安心。特にスマートフォンは防水ケースに入れないと高確率で故障する。

<バッグ>
バッグは完全に防水のものか、もしくは完全に水を通す材質のものにしよう。防水であれば水を通さないので安心。防水バッグがない場合は、逆に水を通しやすいバッグのほうがよい場合もある。バッグの中に水が入ると、水槽をかついで歩いているような状態にもなりかねないため、どうせなら水をどんどん通しまくるバッグのほうが、水をため込まずに落としてくれるので良かったりもする。

<服装>
できるだけ薄い生地を使用したシャツを使用し、下は半ズボンかホットパンツ系のものがよい。乾燥しやすい生地を選ぶのも重要。厚い生地、長ズボン、スカートはオススメできない。動きにくく、水を大量に吸収し、乾燥しにくいためだ。

<撮影>
防水カメラなら問題はないが、スマートフォンで撮影する場合、必ず防水ケースに入れた状態で撮影しよう。防水ケースの選定も慎重にいきたい。スモークがかかっていない、クリアで透明な防水ケースを選ぶこと。表も裏も透明なものを選ぶこと。それを首からさげて持ち歩こう。

<お金>
紙幣の入った財布は防水ケースの中に入れ、小銭だけをズボンのポケットに入れておくと便利。10バーツの硬貨を100バーツほどポケットに入れておけば、とっさの買い物に便利だし、財布を取り出してぬらしてしまう危険を減らせる。財布はホテルの貴重品の金庫に入れておくのも手。

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy