体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

敵は「マリン風」!? レッドブル・エアレース千葉大会を占う

いよいよ今週末、5月16日・17日に迫ったレッドブル・エアレース千葉大会。日本初開催ということで、予告編は「サムライ」をテーマにしています(でも演じているのは西洋人なんですけどね)。

会場となるのは千葉県幕張市の幕張海浜公園。千葉ロッテマリーンズの本拠地、QVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)や幕張メッセの前に広がる人工海浜に沿った形で、レーストラックが設定されています。

【関連:レッドブル・エアレース千葉大会 チームブライトリングが記者会見】

千葉大会のレーストラック(画像提供:Red Bull)

千葉大会のレーストラック(画像提供:Red Bull)

このトラックの特徴は、他の大会と違ってターンが存在せず、直線的に往復するということ。参考までに、今年(2015年)の開幕戦、アブダビ大会のトラックを見てみましょう。

2015年アブダビ大会のレーストラック(画像提供:Red Bull)

2015年アブダビ大会のレーストラック(画像提供:Red Bull)

これらレーストラックは、会場の立地条件に応じて設定されるようになっています。昨年(2014年)のイギリス、アスコット大会では、会場となったイギリス王室が所有するアスコット競馬場のコースレイアウト(日本の競馬場とは違い、L字形のコース)に沿った形でトラックが設定されています。

2014年アスコット大会のレーストラック(画像提供:Red Bull)

2014年アスコット大会のレーストラック(画像提供:Red Bull)

今回の千葉大会の場合、観戦できるポイントが幕張海浜公園沿いにしかない為に、一直線のレイアウトになったと考えられます。
ターンが存在しない為、ゲートを通過するライン取りなどの攻略ポイントがほとんど存在せず、スラローム飛行を行うシケインでのリズムとスピードの維持、そして折り返し点で行うハーフキューバンエイトで膨らみ過ぎないことがポイントとなりそうです。折り返しで膨らみ過ぎないよう、タイトに飛んでしまうと制限Gである10Gを超えてしまう(超えると失格となる)ので、ギリギリを突いた僅差の争いになることが考えられます。

また、この千葉大会の会場には特徴的な気象条件があります。QVCマリンフィールドに通う千葉ロッテマリーンズのファンなら常識とも言えることですが、海から陸に向かって吹く強風、通称「マリン風」です。秒速10メートル(約2ノット)を超えることもしばしばで、今回のトラックレイアウトの真横から吹くことになります。

この真横から吹く「マリン風」、特にシケイン区間での飛行に影響しそうです。風に流されて膨らめば、それだけタイムをロスすることになります。

この条件を考慮し、千葉大会の展開を占ってみましょう。大きな部分を占めるのは、飛行機では機動を行っても速度が低下しにくい性能(特に加速性)、操縦面では大きく変化する横風に素早く対処できる技術でしょう。

スピード面での爆発力があるのは、ハンネス・アルヒ選手。これまでの大会でも、度々スーパーラップをたたき出しています。ただ、ムラッ気を見せてミスをするのが欠点。

今年(2015年)の開幕戦、アブダビ大会の覇者であるポール・ボノム選手(ブリティッシュ・エアウェイズのB747現役機長)も、無駄のないライン取りで素晴らしいタイムを出すことで知られています。ボノム選手は、かつて栃木県のツインリンクもてぎなどで行われたFAIエアロバティックス世界選手権・日本グランプリに参戦しており、2002年のフォーメーション部門では、チーム「マタドールズ」の一員として優勝しています。そのせいか、日本には好印象を持っているようです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。