ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カレーのスパイシーな香りがたまらない、阪急駅構内喫茶スタンダードで夏の新作メニューを提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

阪急阪神レストランズは、2015年5月15日(金)より夏の新作メニュー「焼きチーズカレーパスタ&ハーフサンドセット」を阪急駅構内に展開する昭和モダンを彷彿とさせる「喫茶スタンダード」6店舗にて提供する。

焼きチーズカレーパスタは、まろやかなコクとスパイスがバランスよく効いた喫茶スタンダードオリジナルカレーをパスタにのせ、チーズをトッピングしてココット皿で焼き上げた。

スパイシーな香りが食欲を増進し、セットでついているミックスサンドまであっという間に完食できそうな仕上がりとなっている。喫茶店人気のカレーと定番メニューのミックスサンドを同時に楽しめる、いいとこどりのメニューだ。

焼きチーズカレーパスタ&ハーフサンドセットは、コーヒーか紅茶のどちらかを選べて650円だ。喫茶スタンダードは、梅田駅二階店、塚口店、石橋店、西宮北口店、六甲店、上新庄店の6店舗となる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP