ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

簡単&ヘルシーしかも、原始的!?アボカドで作る「カプレーゼ・サラダ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハリウッドセレブを中心に話題の「パレオ式ダイエット」。古代の食事法に模倣した、ヘルシーなダイエット方法です。
そんな“パレオフード”のレシピを専門に紹介する「cook eat paleo」から、管理人のLisaさんによるモッツァレラチーズをクリーミーな完熟アボカドで代用した、お洒落な「カプレーゼ・サラダ」に関する記事を紹介します。

旧石器時代の食習慣を現代風にアレンジ――それが私のパレオ式「カプレーゼ・サラダ」です。モッツァレラチーズの代わりに熟したアボカド、ここに古来より食されているトマトを加えます。暑い一日の終わりに食べたい、身体に優しいサラダですよ。

ポイントは、完熟直前のアボカドを選ぶこと。熟し過ぎで実が変色していては、美しさも半減してしまのうで、ギリギリのタイミングを狙うのが重要。できればバジルも自分で栽培した採れたての葉を使うことをオススメします。

カットして並べるだけの新鮮な夏野菜を取り入れたこのレシピ、ベジタリアンじゃなくたって、絶対気に入るはず!

<材料>2人前
トマト(中サイズ):2個
アボカド:2個
バジル:1束 (大きめで新鮮なもの)
レモン汁:大さじ1
エキストラバージンオリーブオイル:大さじ3
バルサミコ酢:大さじ2(お好みで)
塩:適量
ブラックペッパー:適量

<作り方>
①アボカドの種を取り除き半分にする。切断面を下にして垂直にスライスし、皮を取り除く。変色を防ぐためレモン汁をかけておく。
②横方向にトマトをスライスし、キッチンペーパーで軽く水気を取っておく。上から塩をまぶす。
③トマト、アボカド、バジルの葉の順に皿に盛りつけ、オリーブ油をたっぷりとかける。バルサミコ酢やブラックペッパーはお好みで。

どうです?簡単でお洒落、そのうえヘルシー!美容にも健康にも、もちろんおつまみとしても◎。これからの暑い夏に向けてレパートリーに是非加えたい、 Lisaさんご推薦のサラダレシピでした。

古代の先人たちの習慣を取り入れた”パレオフード”が登場したのはここ5、6年の話。コロラド州立大学のLoren Cordain教授が提唱したパレオ式ダイエット法のメソッドです。加工していない脂肪分やお肉、卵を食べることはOK、旧石器時代には無かったチーズなどの乳製品や、お米、パン、麺類などの穀物類はタブーとされています。

そのため、パスタの代わりにズッキーニ、チーズの代用品としてカシューナッツ、牛乳ではなくココナッツミルクなど、他のもので代用し美味しく食べよう!という身体に無理をしないダイエット法としても有名。

Lisaさんのブログには、この他にも美味しそうなレシピが盛りだくさん。「夏に向けて痩せたい、でもいっぱい食べたい」な欲張りさんは、こちらをチェック。

  Licensed material used with permission by cookeatpaleo
Reference : THE PALEO DIET

関連記事リンク(外部サイト)

【アメリカ発】斬新すぎる組み合わせ。オレオにベーコンを巻くと・・・めちゃ美味らしい!
ひと手間で劇的に変わる!5分でできる鉄板「朝食トースト」レシピ
夢中になる人続出!簡単すぎる自家製「タピオカミルクティー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP