ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

どっちがお得?SIMフリースマホと白ロムスマホ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

どっちがお得?SIMフリースマホと白ロムスマホ格安SIMは、月々1000円台で音声通話やデータ定額を実現し、音声通話が必要ないならば、月々数百円でデータ定額ができるとってもお得な契約です。しかし、それを実現するにはSIMを入れるスマホを購入する必要があります。少し前のスマホなどをもともと持っている人ならば良いですが、そうではない場合、「SIMフリースマホ」か「白ロムスマホ」のどちらかを購入する必要があり、「いったいどっちを購入すればいいの!?」となりそうですね。
今回は「SIMフリースマホ」と「白ロムスマホ」の違いやキホン、どっちがお得なのか紹介します。

 

そもそも「SIMフリースマホ」と「白ロムスマホ」の違いってなに?
まず「SIMフリースマホ」と「白ロムスマホ」について整理しましょう。「SIMフリースマホ」はわかりやすく、その名の通りとなります。電波の周波数帯や通信方式、SIMの形状さえ一致すれば、原則どこの通信会社のSIMを入れても通話・通信が利用できるスマホのことを言います。

どっちがお得?SIMフリースマホと白ロムスマホ

SIMフリースマホは多くの事業者に対応できます

一方「白ロム」というのは、「未契約な状態の端末」という意味も含まれており、「白ロムスマホ」は「契約しているSIMの入っていない大手キャリアスマホ」を指すのが一般的。リサイクルショップや、ネット通販なで販売されているドコモ、au、ソフトバンクなどのスマホのことですね。

厳密に言うと、本来の意味合いとは違うますが、「白ロムスマホ」は「契約されていない大手キャリアのスマホ」と理解しておけば問題ありません。なお、「詳しく知りたい!」という方は、以下のリンクをご参照下さい。
白ロムと黒ロムの違いは?【一問一答】

当たり前かもしれませんが「白ロム」や「SIMフリースマホ」は、ドコモをはじめとしたキャリアショップでは購入できません。主な取扱い先は以下の通りです。

  主な取り扱い店
SIMフリースマホ
SIMフリー取扱いケータイショップ、家電量販店

ネット通販ショップ

白ロム
リサイクルショップ、中古スマホ取扱店、

ネット通販ショップ

 

「SIMフリー」と「白ロム」はどっちがお得
それぞれの定義についての違いがわかったところで、両者のメリットとデメリットについても確認しましょう!

  メリット デメリット
SIMフリースマホ
海外の現地SIMを利用可能
国内キャリアを問わず利用可能
予算に応じて機種選択可能

利用可能な周波数が限られる
多機能端末が少ない
価格による性能差がより大きい
白ロムスマホ 多機能端末が多い
最新モデルも安価に購入可能
キャリアページで性能がわかる
利用可能なSIMが限られる
プリインで利用できないアプリあり
中古のため、故障リスクが大きい

上記の表で言う「多機能端末」とは、キャリアではお馴染みのワンセグ、おサイフケータイ、防水機能といった機能のことを指します。SIMフリースマホは国内メーカーのもの増えたといえ、主流は海外メーカーのもの。そのため、SIMフリーでは多機能なスマホというのは殆ど期待できません。

また、白ロムのデメリットにある「利用可能なSIMが限られる」というのは、白ロムはキャリアで発売されていたものという経緯があるので、ドコモならドコモ系MVNO、auならau系MVNOでないと利用することができず、さらにauの白ロムの場合、LTE対応モデルでないとSIMを挿して使用することができません。この点は特に注意が必要です。

 

SIMフリースマホと白ロムスマホの選ぶポイントは?
「シンプルかつ、自分にとって必要な最低限のものだけがあればイイ!」という人はSIMフリースマホを選ぶのが賢い選択。手頃なモデルは1万円前後からありますし、高性能なモデルも3万円程度から購入でき、全体的に白ロムよりも手頃な価格で購入できます。さらに、最初から入っているアプリはシンプルなものになっているため、自分で好きなようにカスタマイズできるのも魅力のひとつ。

どっちがお得?SIMフリースマホと白ロムスマホ

ある程度知識のある人や、興味をもって調べられるという、スマホ中級者な人であれば問題なくスマホを選んで使いこなすことができるでしょう。しかし、初心者にはややハードルが高く感じられるかもしれません。その場合は、MVNOや電機量販店などが発売する「格安スマホセット」や「SIMフリースマホセット」などを購入することをオススメします。

最近では、サポートが付いているものも増えてきているので、初めてでも安心ですよ。

どっちがお得?SIMフリースマホと白ロムスマホ

白ロムがオススメなのは、キャリアスマホと同じような使い心地で、多機能かつ高性能なスマホを求める人が良いと考えます。価格は発売された時期や人気によって左右されますが、新モデルが発売されたタイミングで、ちょっと前のモデルが中古店には数多く売られています。常に最新モデルでないと嫌という考えでもなければ、キャリアの発売価格よりも安価に購入できるのでとってもお得です。

しかし、中古スマホには補償などがついていないので、修理を行う場合は高額になるケースも少なくありません。中古店によっては初期段階の不良については、返金する制度を設けている店舗もあります。どのお店で買うかが重要なのかもしれません。

 

SIMロック解除義務化で、白ロムスマホは増えるのか!?
5月より、ドコモとauは今後発売するスマホに関して原則SIMロック解除に応じると発表しました。購入後6か月以降であれば、SIMフリーにすることが可能となり、今後よりいっそうSIMフリー化された白ロムなども流通するのではと期待されています。

今後、中古販売店に並ぶ白ロムの表示にはバンド帯やSIMロック解除の有無が記載されるようになっているかも? 来年の今頃には、一般的なスマホの買い方にも変化が出だしているかもしれませんね。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。