ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

46才男性 太っちょオバサンを自宅に連れ込み、妻と鉢合わせ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いくつになっても恋をしていたいのが人間だが、結婚しているのにもかかわらず、配偶者以外の異性と恋をしてしまう人もいる。福島県に住むパート勤務の女性Kさん(45才)は夫(46才)と結婚して19年目。Kさんが、夫の困った恋の話を告白する。

 * * *
 夫の持病は“恋の病”。数年に1度、発症すると目がとろんとして、「うふっ」なんてオネエ笑いをするから、すぐわかる。

 若い頃は、バレると私と離婚して相手の女と結婚するなんて言い出したから、さんざんモメたわよ。でも、やっぱり年? ここ数年はご無沙汰だったの。

 そしたら先日、私が1日早く友達との旅行を切り上げて帰ると、玄関に見慣れない靴。「誰?」と2階のリビングに声をかけたとたんよ。走り下りてきた夫が、青い顔して私に「シーッ」って。

 で、その後ろから、パート帰りって感じの太っちょのおばちゃんが現れ「えっ? 奥さんと別れたんだよね?」って。

 とっさに夫は、「いや、オレは何もしてないからな。彼女はただの部下だからな」って。

 そこでやめておけばいいのに、「でも彼女のこと、ちょっと好きだったんだよな~」って、涙ぐんだのよ。だから今、「子供と給料と退職金と年金を私にくれて、彼女との純愛を貫けば」とけしかけているとこ。

※女性セブン2015年5月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
妊娠5か月の小雪 舞台挨拶で「最近蹴り始めたんです」
サイバー藤田社長 一般人と再婚し業界内で株上けたとの指摘
黒田アーサー 大橋未歩似の17才年下新妻の似顔絵を披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP