ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3000人に聞いた!男女で違う「ギャップ萌え」の法則

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)午前の番組「POP UP!」のワンコーナー「J’s Research」(ナビゲーター:岡田マリア)。5月13日のオンエアでは、グッとくる「ギャップ萌え」をアンケートし、異性から見た「萌え」のポイントを探りました。

「あの人にこんな一面があったなんて!」と、異性のギャップに弱いのは男女共通のこと。この「ギャップ萌え」、心理学の世界では“ゲインロス効果”と呼ばれており、その効果は科学的に実証済み。人の心理でgain(得る)とloss(失う)の差が大きければ大きいほど相手に深い影響を受けやすいのだそうです。意外な落差が人の感情を揺り動かし、そのショックで恋愛感情が生まれやすいということなのでしょうね。

具体的にはどんなギャップに魅力を感じるのでしょうか。今回、3,003名の「J’s Research」リスナー会員に、一番グッとくる「ギャップ萌え」をアンケートしたところ、次のような結果になりました。

第1位 クールそうなのに、話してみると気さく・・・36%
第2位 天然っぽい雰囲気なのに、時折見せる真剣な表情・・・23%
第3位 見た目はチャラそうなのに、中身は真面目・・・18%
第4位 モテそうなのに、サバサバ系でいつも一人行動・・・16%
第5位 髪や身だしなみがルーズだけど、実は美形・・・7%

さらに、渋谷の街でアンケートしたところ、「ギャップ萌え」には、男女間で意外な違いがあることが見えてきました。

たとえば、女性が男性のギャップに萌えるのは、「強面なのにやさしい」や「チャラそうなのに真面目」という声が多く聞かれました。ここから、女性がポイントとしているのは、男性の「マイナスからプラスへのギャップ」ということが言えるのではないでしょうか。

一方、男性からは、「ラーメンを音をたてて食べているところ」だったり、「ツンツンしている人が時折見せる弱さ」といった、女性のマイナス部分に魅力を感じるという声が多かったのです。女性からしたら、「こんな部分を見せたら嫌われそう」と思うようなことが、実は男性には萌えるポイントだったのですね。

女性は男性のプラス面を見て、男性は女性のマイナス面を見てグッとくるという、男女間の意外なギャップまで見えてきた「ギャップ萌え」アンケート。今までは異性には見せたくないと思っていた「やさしさ」や「弱さ」といった素の部分をさらけ出してみると、意外と異性をグッとさせられるかも?

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP