ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みんなの「すっぴんOK」の境界線

DATE:
  • ガジェット通信を≫


メークは女子のたしなみ! …とは言うものの、そう気張ってばかりはいられない。ときにはすっぴんで出かけちゃうこと、ありますよね? 実際のところ、どこまですっぴんOKにしちゃってる? 今回は20・30代の女性各100人に「すっぴんにまつわるアンケート」を実施。ちょっと気になるみんなの「すっぴんOKの境界線」を調べてみました。

【もっと大きな画像や図表を見る】

まず、すっぴんを見せられる相手を聞いたところ、「誰にでも見せられる」と回答した人を除く128人の回答結果を見ると、当然ながら1位は「家族」(99.2%)。ところが2位からガクンと下がって「親戚」(68.8%)、3位は意外にも?「彼氏」(60.2%)。「親しい女友達」でギリギリ半数の51.6%、「親しい男友達」は21.9%、「職場の人」では8.6%という結果でした。

20代、30代でそう差はなかったけれど、唯一大きく開いたのが「彼氏」。20代は46.6%と半数以下なのに、30代では71.4%と、家族に次ぐ2位にランクアップ! 30代女子は付き合いの長い彼氏が多いんでしょうか。

また、みんなが「すっぴんで行くことができる」と回答した場面も聞いてみました。どこでもOKという人は全体の15%。以下、そうじゃない人の内訳はご覧の通り。

〈すっぴんでも行ける場所〉
・ゴミ捨て(94.1%)
・宅配の受け取り(92.9%)
・コンビニ(83.5%)
・スーパー(74.1%)
・スポーツジム(63.5%)
・最寄り駅(61.2%)
・職場(15.3%)
・初デート(1.8%)、合コン(1.2%)

人に会わない「ゴミ捨て」や、メークするまで待っててもらうわけにもいかない「宅配便の受け取り」は9割超えですっぴんOK。「コンビニ」や「スーパー」も高い割合だけど「マスクをすっぴん隠しに使う」という人は多かったので、みんなすっぴんで出かけるにせよ、なにかしら対策をしているのかも。
そういった対策がしづらい「スポーツジム」以下は徐々にハードルが上がり、「初デート」や「合コン」ですっぴんOKと答えたのはわずか1~2%。そりゃそう…というか、逆にその1%の人がスゴイ。よっぽどすっぴんに自信アリ!?

一方で「有名人のすっぴん公開はウソだと思っている人」は36.5%と、全体の3割以上。キレイが前提の有名人ですら「すっぴん公開できるわけない」と思ってしまうくらい、女子のすっぴんに対する抵抗感は根強いのです。実際、素肌の悩みがない人なんて、ほぼいないのでは?

ちなみに、みんなが抱える素肌の悩みで多いのは「毛穴の開き・ブツブツ感(51.5%)」「毛穴の黒ずみ(50.0%)」と、毛穴の悩みが1位&2位を独占。普段はファンデでカバーしていても、夜、自分のすっぴんをしげしげと見てガックリ来る気持ち、よく分かります~。やっぱり毛穴が引き締まっているだけで、お肌はきめ細かくキレイに見えるもの。すっぴんを「アリ」にするためには、毛穴ケアが鍵なのかも。

そこでオススメしたいのが、毛穴洗浄力に優れ、肌をいたわりながら毛穴をトータルケアしてくれるDHCの「ポアナ」シリーズ。何より嬉しいのは、毎日使っているクレンジングと洗顔料をポアナに切り替えるだけで、お手軽に毛穴ケアが可能だということ。これなら忙しい人でも簡単に取り入れられるはず。クレンジングと洗顔料以外にも、毛穴をやさしくケアしてくれる商品がラインアップされてます。この夏はすっぴん美人への道を、一歩踏み出しましょう!
(R25編集部)

みんなの「すっぴんOK」の境界線はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

すっぴんに自信!毛穴美人のつくり方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。