ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井 堅、デビュー20周年イヤー幕開けライブで約4年ぶり全国ホールツアー発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月13日にデビュー満20周年を迎えた平井堅が、5月12日・13日の2日間にわたり東京・Zepp Tokyoにて、20周年YEARの幕開けを告げるプレミアムライブ「Ken Hirai 20th Anniversary Opening Special!!」を開催した。

今回は、2011年のツアー以来約4年ぶりのフルバンドセットでデビュー20周年の軌跡を振り返るかのように歴代のヒットソングの数々を披露し、全20曲をパフォーマンス。さらに、13日の公演の中では約4年ぶりとなるフルバンドでの全国ホールツアーの開催も発表し20周年イヤーを華々しくスタートさせた。

アーティストとしての満20歳の誕生日を迎えた5月13日、平井堅はスペシャルなライヴ「Ken Hirai 20th Anniversary Opening Special!!」でデビュー20周年のお祭りの幕を切った。なぜスペシャルなのかと言えば、これは2011年のツアー以来のフルバンドによるライヴであり、15年ぶりのスタンディング・ライヴ。しかも会場は15年前と同じ、東京・お台場のZepp Tokyoだ。プレミア・チケットを手にした約2,500人のファンの前に、6人編成のバンドと3人のバッキング・シンガーを従え、春らしい淡いピンクのスーツ姿で現れた彼は、計20の曲で輝かしいキャリアを振り返った。

会場はコンパクトながらセットのスケールは通常のライヴと変わらず、映像も効果的に用いて曲ごとに凝った演出を施していた本公演、20年の軌跡を辿る映像のイントロダクションに次いで聴こえてきたのは、彼に大きな転機をもたらした「楽園」だ。続いて「哀歌(エレジー)」を歌い、冒頭からR&Bと歌謡を並べて表現の幅広さを印象付けると、さらにマイナーコードの曲をもうひとつ(「LOVE OR LUST」)経て、ミニ・コーナーの第1弾に突入する。自嘲気味に“不遇の時代メドレー”と銘打って出発点を振り返り、デビュー・シングル「Precious Junk」以下、最初の2枚のアルバムから5曲を披露。メドレーとはいえ、甘酸っぱい曲の数々に思い入れをたっぷり込める。

そして第2弾は、ライフワークと位置付けるアコースティック仕立てのコンセプト・ライヴ、Ken’s Barのコーナー。ふたりの盟友――石成正人(ギター)と鈴木大(ピアノ)――と共に、Ken’s Barのテーマ曲「even if」ほか3曲をしっとり聴かせた。もちろん歌だけでなく、MCでも相変わらずの饒舌トークで会場を沸かせていた彼は、立ち見に慣れていないファンをしきりに気遣っていたが、直接会話を交わしてコミュニケートし、お互いに距離の近さを楽しんでいることは明白だった。そのせいか普段よりリラックスして見えた彼の声は終始安定し、殊に高音域は冴え渡って、緊張感と解放感を絶妙なバランスで混在させたパフォーマンスを見せ付ける。

その後、後半は再びフルバンドでアップテンポに転じ、着ぐるみキャラと一緒に踊りながら披露した「POP STAR」や「KISS OF LIFE」で盛り上げて、座席がある2階もすっかりスタンディング状態。そして「Love Love Love」で本編を締め括り、カジュアルな装いに着替えてのアンコールでは、ピアノ伴奏による2003年のアルバムの表題曲「LIFE is…」でフィナーレを飾った。

「死ぬまで答えは見つからないかもしれないけど、探し、もがき続けることが自分のモチベーション」だという想いをこの曲に重ねたのだとか。また43歳にして初心に返り、「20年続けられたのは、歌が好きなだけでなく、1秒たりとも歌うことに飽きなかったから。ここからがスタートと考えて、可能なら還暦までやります。」とも力強く語っていた彼。この人ならゆうに還暦まで歌い続けられるような気がしている。

撮影:田中栄治

Ken Hirai 20th Anniversary Opening Special!!セットリスト
01.楽園
02.哀歌(エレジー)
03.LOVE OR LUST
-MC-
【メドレーコーナー】
04.Precious Junk
05.片方ずつのイヤフォン
06.Stay With Me
07.キャッチボール
08.横顔
-MC-
09.キミはともだち
10.僕は君に恋をする
【Ken’s Bar コーナー】
11.思いがかさなるその前に・・・
12.桔梗が丘
13.even if
-MC-
14.告白
15.君の好きなとこ
16.KISS OF LIFE
17.POP STAR
-MC-
18.Love Love Love

【ENCORE】
19.瞳をとじて
20.LIFE is…

ツアー情報
Ken Hirai 20th Anniversary Live Tour 2015
9月4日(金)滋賀・びわ湖ホール
9月6日(日)奈良・なら100年会館
9月8日(火)兵庫・神戸国際会館
9月10日(木)北海道・函館市民会館
9月12日(土)北海道・旭川市民文化会館
9月16日(水)大分・大分グランシアタ
9月18日(金)長崎・長崎ブリックホール
9月20日(日)鹿児島市民文化ホール
9月25日(金)千葉・松戸森のホール21
9月29日(火)東京・中野サンプラザ
10月1日(木)静岡・静岡市清水文化会館マリナート
10月3日(土)三重・三重県文化会館
10月5日(月)岐阜・長良川国際会議場
10月7日(水)愛媛・ひめぎんホール
10月9日(金)香川・アルファあなぶきホール
10月14日(水)埼玉・大宮ソニックシティ
10月20日(火)広島・広島文化学園HBGホール
10月22日(木)岡山・倉敷市民会館
10月27日(火)神奈川・横須賀芸術劇場
11月2日(月)長野・ホクト文化ホール
11月4日(水)新潟・新潟県民会館
11月10日(火)岩手・岩手県民会館
11月12日(木)宮城・仙台サンプラザホール
11月23日(月・祝)沖縄・沖縄コンベンションセンター
全24公演/約5万人動員予定

関連リンク

平井堅 official web site:http://www.pinups.co.jp/hirai/
平井堅 20th Anniversary Special Websitehttp://www.kh20th.net
平井堅 YouTube Official Channelhttps://www.youtube.com/channel/UCtwtMDxG0n0Yd0qds38ff0Q

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP