ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

切って乾燥させるだけ! 電子レンジでドライフルーツを作る方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

栄養たっぷりでおいしいけれど、お店で買うとちょっと値が張るドライフルーツ。実は、家庭にある電子レンジのオーブン機能を使えば、簡単に手作りすることができるのだ。作り方をご紹介しよう!ポリポリとおやつ感覚で食べてもおいしい

ポリポリとおやつ感覚で食べてもおいしい

●用意するもの
オーブンシート
お好みのフルーツ

ドライフルーツには、レモンやオレンジなど皮ごと乾燥させることができるものと、バナナやキウイなど皮をむいて乾燥させるものがある。干し網などに入れて天日干しするのが一般的な作り方だが、数週間を要することもあるため、ここでは電子レンジのオーブンを使用する。今回は、バナナといちごをドライフルーツにしてみよう。

021.果物を切る

03

まず、お好みのフルーツを3~5mm程度の厚さにスライスする。2.オーブンシートに並べる

04

スライスしたフルーツを電子レンジの回転台の大きさに合わせて並べていく。3. 電子レンジに入れてオーブンの設定をする

05

電子レンジに入れたら、オーブンの設定をする。温度は100℃で余熱なし。まずは30分程度で始めてみよう。4.乾燥スタート

06

所要時間はフルーツの種類や厚さによって異なる。小まめに様子を見ながら焦げ付かないように気を付けよう。途中でフルーツを裏返すと、しっかり乾燥させることができる。5.電子レンジから取り出して、完成!

07

固さはお好みで。カリカリになるまで乾燥させてもいいし、半生状態に仕上げてもいい。後者の場合は冷蔵庫に保管して、1週間程度で食べきるようにしよう。

生とは異なる独特の風味が楽しめるドライフルーツ。特別な技術は必要なく、乾燥させるだけで簡単に作ることができる。保存が効く利点も生かして、さまざまな料理に活用してみてはいかがだろうか?

(根岸達朗+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。