ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新社会人必見!「名刺交換で心がけたい5つのこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新年度から約1カ月が経過。新社会人のみなさん、仕事には慣れてきただろうか? 数あるビジネスシーンのなかでも苦手という人が多いのが、名刺交換。どうすればスムーズに行え、次の仕事に繋ぐことができるのだろうか?

新社会人にとって名刺交換は緊張するもの。どうしたらスムーズに行えるの?

そこで今回は、「なぜ名刺交換をしても次に繋がらないのか」の著者である笹原隆生さんと中島由雅さんに話を聞き、以下に5つのポイントとしてまとめてみた。

●その1:名刺を渡す時にはしっかり名乗り、相手の顔を見る

新社会人はマナー良く名刺を渡すことを意識しすぎ、視線が下がっている人が多い。相手に不安を与えないように、笑顔で固い表情は避けること。無難さを目指すよりも、「10分で相手を和ませる税理士です!」などのキラーフレーズを用意して相手にインパクトを残す。

●その2:相手に関心を示す

大切なのはまず、相手に好感を持ってもらうこと。名前の読み方など、聞いても失礼にならない質問をすることから始めよう。自分について話す場合は、いきなり仕事の話はせず、雑談をはさむ。

●その3:リアクションを豊かに

名刺交換ができる時間は短いので、話す内容よりもいかに印象を残すかを心がけよう。相手への反応を豊かにし、記憶に残してもらう。新社会人であれば、「若さ」「ひたむきさ」を感じてもらうことが効果的だ。返事を明るく元気に行うことで、年長者には好印象を与えることができる。

●その4:次に繋げるフレーズを用意

名刺交換の後に、突然電話やメールをすると相手は警戒することも。あらかじめ「電話やメールをしてもいいですか?」と伝えると承諾してくれる。連絡が来ることへの心の準備をしていてくれるので、次の反応が良いものになりやすい。

●その5:別れ際の挨拶は丁寧に

すぐに次の相手に意識が向くと、自分は大切にされていないと思うもの。別れ際は特に丁寧なあいさつを心がける。交換後はお礼のメールや手紙などを送ろう。また、「何かあればよろしくお願いします」ではなく、「分からないことがあれば、いくらでもご説明します」という聞く姿勢を見せる。

この5つのポイントさえ押さえておけば、もう怖いものなし。これで明日からは、自信を持って名刺交換ができそう!

(小松田久美+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP