体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神経学者が語るダイエットの恐怖「本当に必要なのは、4つの習慣」

Start diet today

いろいろなダイエット法を試してみても、上手くいかない…と悩んでいる人も多いのでは?

何度もダイエットに挑戦し、失敗した経験を持つサンドラ・アーモットさんが、「Ted Talks」で「なぜダイエットは上手くいかないのか?」をテーマに、大変興味深いスピーチをしています。

このスピーチ、とてもためになると同時に、ちょっぴり長いので、要点をダイジェストでまとめておきましょう!

01.脳は自分の理想の体重を知っている。それを大きく上回ったり下回ったりするようなことがあると、体重を戻すようにできている。
02.体重を増やすのは簡単だが、落とすのは難しい。それは、食糧難の時代を経験した人間のカラダは、エネルギーを蓄えようとするから。

03.「野菜中心の食生活・運動・禁煙・節度のある飲酒」。この4つの生活習慣さえ続ければ、ダイエットしなくても健康的になれる!

(実際のスピーチ動画は最下部にあります。)

th_shutterstock_229448341

ダイエットをやめた方が
痩せられる!?

3年半前、私は最高の決断をしました。新年の抱負を「ダイエットを止める。体重を気にせずに、食べたいものを食べる」にしたのです。そして、食べたい時に食べることを実行した結果、5キロ体重が減りました。

この写真は、13歳の時の私です。最初にダイエットをはじめた年ですね。今ではこの写真を見ると、必要なのはダイエットではなく、ファッションセンスだったと思います(笑)。でも私は体重を減らしたいと思っていたし、リバウンドした時は自分を責めたたものです。

それから30年間、私はさまざまなダイエットを試しましたが、どんなダイエットをしても、減らした分の体重は戻ってきてしまいました。

体重をコントロールしているのは、
あなたの脳だ!

神経学者として、どうしてダイエットがそんなに大変なのか考えてみました。
よく知られているように、体重というのは、食べた量と消費したエネルギーで決まります。そして、多くの人が知らないことですが、空腹感と消費エネルギーは、無意識のうちに脳にコントロールされているのです。

じつは、脳は理想の体重を知っているのです。これはセットポイントと呼ばれています。そして、セットポイントの範囲内の体重の増減は問題ありません。しかし、範囲外の体重となると危険です。体重を制御する脳内の視床下部が、化学的な信号で体重の増減の指示をカラダに伝えます。

脳はあなたの体重が落ちると「通常」と思われる体重に戻そうとします。つまり、体重が一気に下げると、脳はあなたが「飢えている」と勘違いしてしまうのです。

体重が落ちると
エネルギー消費量も落ちる

「脳が自分の体重を減らした方がいいと考えてくれれば…」と思うでしょう。でも、それはできません。
体重が大きく減ると、筋肉の消費量が落ちます。コロンビア大学のルーディ・ライベル博士は、体重を10%落とした人は、エネルギー消費量が1日あたり250~400キロカロリー落ちることを発見しました。これはかなりの食事量です。つまり、10%体重を落としたければ、その体重だった細い人に比べ、250~400キロカロリーの食事量を減らす必要があるのです。

進化論の側面から見ると、体重が落ちた時に食べる量が少なくなるのは納得できます。食料が少なかったとき、エネルギー消費は生死にかかわりました。だから、食料がある時はエネルギーを蓄え、次の食糧難に備えたわけです。人類の歴史の中で、飢餓は過食よりも重大な問題でした。
だからこそ、ダイエットに成功しても、脳は体重を元に戻そうとします。もし体重を落とすことが、長期的の飢餓のせいなら、これは理にかなった反応なのです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。