ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

在日ファンクとSOILがJBに捧げたカバーセッション「Super Bad」ライブ映像を特別公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

在日ファンクとSOIL&“PIMP”SESSIONSが披露した、ジェームス・ブラウンの代表曲「Super Bad」カバーセッションの模様が『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』公式サイトでノーカットで公開された。

あらゆるジャンルのミュージシャンからリスペクトされ、そのパワフルなパフォーマンスはマイケル・ジャクソン、プリンス、そしてブルーノ・マーズ、ファレル・ウィリアムスら現代の若手アーティストにも、今なお多大な影響を与え続ける伝説のアーティスト、ジェームス・ブラウン。そのJB初の伝記映画として注目を浴びている『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』が5月30日より日本公開となる。

映画の公開を記念したトリビュート・ライブが先月4月27日に渋谷にて行われ、JBを愛してやまない、在日ファンク、SOIL&“PIMP”SESSIONSが出演した。本公演ではアーティスト初のセッションライブが実現。ジェームス・ブラウンの代表曲でもある「Super Bad」のカバーセッションを披露した。

在日ファンクのメンバーとSOIL & “PIMP” SESSIONSから社長(アジテーター)、ダブソンビ(トランペット)、元春(サックス)の3人により行われたカバーセッションでは、JBへのリスペクトとムーヴメントがMIXされた深化の「Super Bad」を披露。在日ファンクの浜野謙太と社長はシャウトを繰り出しつつ、マイクの奪い合いやコラボしたダンスをするなどファンキームードを高め、各プレーヤーはJBに捧げるソロ回しを披露し、最高潮の盛り上がりをみせた。

「ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜」
2015年5月30日シネクイントほか全国公開
配給:シンカ/パルコ
(C)Universal Pictures(C)D Stevens
公式サイト:http://jamesbrown-movie.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP