ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イメージエポック負債約11億 破産手続き開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ゲーム開発会社の株式会社イメージエポックと、関係会社の株式会社スマイルオンラインゲームの2社が、破産手続きを開始したことがわかった。

【関連:イメージエポック公式サイトが表示されない事態に】

イメージエポック

イメージエポックは、2004年創業、2005年6月に法人改組されたゲーム開発会社。『時と永遠~トキトワ~』『セブンスドラゴン』『ブラック★ロックシューター THE GAME』などをてがけRPG開発には定評が高い会社だ。

帝国データバンクによると、負債はイメージエポックが約11億円、スマイルオンラインゲームが約300万円、2社合計で約11億300万円にのぼるという。年収売り上げ高は2011年に約17億5100万円を計上していたが、2013年には約4億1000万円にまで減少。その後業績は回復せず2014年11月までに実質的活動を停止となっていた。

なお、今回の倒産兆候については昨年末頃からネット上で噂されており、まとめサイトで話題になることもしばしばだった。
そんな中、4月1日に無告知で会社ホームページが閉鎖。さらにアイディアファクトリー株式会社の佐藤嘉晃社長が4月3日にTwitterで「イメージエポック御影社長と連絡がとれなくなってしまいました。やむを得ず、ここで呼びかけをさせて頂きます。」と異例のよびかけを行うなど、動向が一層注目されている矢先だった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。