ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DAOKOがAccenture Link Nightにてライブを敢行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

六本木の街を舞台に、今年も「六本木アートナイト2015」が4月25日~26日にかけて開催された。多くの作品展示やプログラムが行われるなか、DAOKO(だをこ)がライブを披露した。

今年3月に現役女子高生アーティストとしてメジャーデビューしたDAOKOが登場したのは、アクセンチュア株式会社による就活イベント「Accenture Link Night」だ。同社の黒川順一郎氏による「デジタル×ビジネスの最前線で何が起きているのか」をテーマとしたプレゼンテーション。

そして映像ディレクター/アニメーションディレクターの大野悟氏、映像作家/映画監督の山田智知氏、司会の山本加奈氏(White-screen.jpファウンダー兼編集長)による「デジタル時代のアーティストプロデュース」をテーマとしたトークセッションが行なわれた同イベント。

両氏が共作したDAOKOの「かけてあげる」のミュージックビデオを上映。制作背景などについても語られた。15歳のときにニコニコ動画をきっかけに注目されたDAOKOについて「リアルとバーチャルの間に存在する新しい存在」と表現した両氏。

トークセッション終了後にイベントはDAOKOのライブパフォーマンスへと展開した。

バックバンドを従えた彼女が登場し、代表曲「かけてあげる」のラップを堂々と披露。ステージとフロアの間に設置された透過スクリーンには、MVでも使用されたホログラム映像を投射するという幻想的な演出に、オーディエンスからは歓声が巻き起こった。

DAOKOは他にも、「一番星」や「MUSIC」「高いドアには幾千のドア」「きみ」を披露。バンドの生々しさと、楽曲ごとに趣向が凝らされた映像による演出は、リアルとバーチャルを行き来する新世代アーティスト・DAOKOならではと言えるだろう。

謎に満ちたアーティストイメージそのままに、生のステージングでも終始ミステリアスな存在感を放ったDAOKO。最新のデジタル映像技術との相性の良さは抜群で、今後も新たなテクノロジーを取り入れた斬新な活動を期待させてくれるステージングであった。

六本木アートナイト2015
http://www.roppongiartnight.com/2015/

4月25日 DAOKO at Accenture Link Night セットリスト
01 かけてあげる
02 一番星
03 ミュージック
04 高い壁には幾千のドア
05 きみ

関連リンク

DAOKO オフィシャルサイトhttp://daoko.jp/
DAOKO オフィシャルTwitter@Daok0

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP