ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィズ・カリファ 「シー・ユー・アゲイン」が洋楽チャート3週連続1位に、訃報を受けあの名曲がランクイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースによる「シー・ユー・アゲイン」が、3週目の1位を記録した今週のBillboard JAPAN洋楽チャート。

 エアプレイ・チャートでは先週に引き続き8位、デジタル・セールスも依然と好調で2位以下のランクイン楽曲と倍以上の差をつけて、今週再び1位となったウィズ・カリファ feat.チャーリー・プースによる「シー・ユー・アゲイン」。現在全米でも4週連続首位をキープするメガ・ヒットとなっており、加えて映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のロングラン・ヒットによる話題性でツイッター・ポイントも大幅に蓄積。また、曲が収録されているサウンドトラックも順調にセールス・ポイントを伸ばし、今週もサウンドトラック・チャートで1位を記録している。現地時間にて5月17日に開催される【2015 ビルボード・ミュージック・アワード】では、この曲をチャーリー・プース、そしてリンジー・スターリングとパフォーマンスすることが発表されたばかりで、今後のチャート・アクションに影響を与えること間違いなしだ。

 2位と3位は順位交代となり、先日来日公演を行ったばかりのテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」がチャートイン36週目にも関わらず圧倒的な威力を見せ2位に、また「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」が9位、「スタイル」が11位に浮上している。一方カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」は3位にランクダウンする結果となったが、ローラとコラボしたこの曲のミュージック・ビデオが新たに今週公開され、話題になっていることもあり、来週は再びランクを上げてくることが予想される。

 そして4位に初登場したのは、4月30日に76歳で他界したベン・E.キングの名曲「スタンド・バイ・ミー」。数々の名曲を生んだベテラン・シンガーの訃報は多くのメディアに取り上げられ、エアプレイ・チャートでは4位、ツイート・ポイント、デジタル・セールスを後押しする結果となった。人気女性ラッパー/シンガー、アジーリア・バンクスの「チェイシング・タイム」は7位に初登場。世界中で話題となったデビュー・アルバム『ブローク・ウィズ・エクスペンシヴ・テイスト』日本盤のリリースに合わせ、大量にエアプレイされたことが要因となり今週初チャートインを果たした。

関連記事リンク(外部サイト)

5月18日付 Billboard JAPAN Hot Overseas 国内洋楽チャート
コートニー・バーネット、メルボルン発の新世代ギター・ヒロインの初来日公演が決定
ディラン、キャッシュ、ポール、バーズらがナッシュビルに残した貴重音源36曲を収録したコンピレーションが発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP