ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有名なものは「ないよ。」 寿司くん参加の地域PRアニメ『まつばらくん』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「まつばらくん」(画像は松原市公式Webサイトより)/(C)Matsubara City. All rights reserved.
大阪府松原市のPRアニメ『まつばらくん』全5話が、5月18日(月)より同市のWebサイトにて順次公開される。

本作は、市制施行60周年を記念して、大阪芸術大学に在学中の若手作家を中心につくられたもの。お寿司の妖精を描いた自主制作アニメ『寿司くん』を手がけたkoyama takuyaさんらも、「寿司くん」名義で監督や脚本、編集として参加している。

「まつばらくん」とは?

松原市の市の木であるマツと市の花であるバラをイメージした「マッキー」に続くマスコットキャラクターとして登場した「まつばらくん」。

同市をかたどった体、そしてそのシュールな顔つきとは裏腹に、「松原市で有名なものって?」という問いかけに対して「ないよ。」とあっさり答えてしまうそのとらえどころのない性格に、ネット上で注目が集まっている。

大阪府内を通る近畿日本鉄道の車内広告や松原市の広報誌などにも登場しており、地元民からもじわじわと反響が起こっている。

PRアニメは、松原市の公式Webサイトにて毎日1話ずつ公開されていく予定とのこと。果たして「まつばらくん」は、アニメでどんな動きを見せるのだろうか?

引用元

有名なものは「ないよ。」 寿司くん参加の地域PRアニメ『まつばらくん』

関連記事

中毒者続出! 2期も始動した自主制作ゆるアニメ「寿司くん」とは?
かわいくないキャラには負けない! 別府のゆるキャラ「べっぴょん」本邦初インタビュー
700万円を資金調達した自主制作アニメに学ぶ 魅力的なキャラの描き方とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP